報道発表資料

平成17年11月22日
地球環境
この記事を印刷

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)第7回政府間会合の結果について

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の第7回政府間会合が、11月21日(月)〜22日(火)に、新潟市朱鷺メッセで開催されました。
 本会合では、EANETへの拠出を行うための確固とした基盤となる文書について議論を開始するという「新潟決定」を採択するとともに、酸性雨に係るこれまでの科学的知見等を整理した政策決定者向け報告書の公表の了承、今後5年間にEANETとして進めるべき越境大気汚染に関する調査研究等に係る計画の枠組みに関する検討等がなされました。
 また、21日(月)17時からは、小池環境大臣を含む各国閣僚級及びUNEPテプファー事務局長が参加してハイレベルセグメントが開催され、EANETの今後の方向性についての意見交換が行われました。

1 EANET政府間会合について

  • EANET政府間会合は、EANET参加国及び関連国際機関等の代表が参加し、EANET活動に関する意思決定を行う会合であり、毎年1回開催されています。
  • 政府間会合は各国持ち回りで行われており、我が国では第2回会合が2000年に新潟で開催され、この会合で2001年1月からのEANETの正式稼動が決定されました。

 ※ 東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)については、別添参照

2 主催

 主催: EANET事務局(国連環境計画アジア太平洋地域資源センター)
EANETネットワークセンター((財)日本環境衛生センター・酸性雨研究センター)
環境省、新潟県、新潟市

3 日時及び場所

 日時:11月21日(月)及び22日(火)
 場所:朱鷺メッセ (〒950-0078 新潟市万代島6-1 TEL 025(246)8400(代))

4 参 加 者

  • EANET参加12か国(カンボジア、中国、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、フィリピン、ロシア、韓国、タイ、ベトナム)の代表
  • ミャンマー(今次会合から正式参加)
  • ウズベキスタン(中央アジア地域代表)
  • 欧州越境大気汚染条約事務局  等

5 主な結果

(1)第7回政府間会合決定の採択

 今次会合では、EANETの設立基盤の強化のための文書について議論を開始する決定を行いました(新潟決定)。この決定に基づき、参加国は、今後3年間議論を行い、その結果を第10回政府間会合に報告します。
別添1 英文及び仮訳

(2)政策決定者向け報告書案の検討

  EANETでは、酸性雨に関するこれまでの科学的知見を、政策決定者を対象としてわかりやすく説明する報告書について検討してきました。この報告書を公表することが了承されました。報告書は、2〜3週間後に入手可能となります。
別添2 報告書概要

(3)EANET中期計画案の検討

 今後5年間にEANETが進めるべき越境大気汚染に関する調査研究等に係る計画案が検討されました。今次会合では、EANET活動の今後の基本的方向性や活動の項目等について採択し、具体的な活動内容については、次回会合で検討することとなりました。

(4)資金拠出等に係るガイドラインの検討及び決定

 EANETは2003年に開催された第5回政府間会合(IG5)において資金分担ルール(財政的な枠組み)について合意しました。これにより、EANET活動に要する事務局経費について、2005年から基本的に「国連分担率」をベースとしてすべての参加各国が何らかの形で資金貢献を果たすことを目指す仕組みとなっています。
  このため、今次会合では、資金拠出等に係るガイドラインや、組織及び資金管理に係るガイドラインを検討し、採択しました。

(5)事務局及びネットワークセンターの業績の評価

  EANET事務局及びネットワークセンター((財)日本環境衛生センター酸性雨研究センター(新潟)が指定を受けている。)の過年度の業績について報告がなされ、参加国からは、運営は良好との評価を受けました。

(6)2006年作業計画及び予算の検討及び決定

 EANETの2006年活動計画及び予算についての事務局案が承認されました。

(7)その他

  これまでオブザーバー参加していたミャンマーが正式参加することとなりました。これで参加国は13カ国となりました。なお、今次会合には、中央アジア地域の代表としてウズベキスタンがオブザーバーとして参加しました。

(8)ハイレベルセグメント

 小池環境大臣、国連環境計画テプファー事務局長、カンボジア及びラオス環境副大臣、タイ環境副次官等のハイレベルの参加者を得て、ハイレベルセグメントが開催されました。
 参加者からは、それぞれの取組と、EANETに寄せる期待が述べられました。
別添3 ハイレベルセグメント参加者

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
課長:小川 晃範(6740)
 課長補佐:瀬川 恵子(6755)
 係長:吉森 信和(6745)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ