報道発表資料

平成17年10月31日
保健対策
この記事を印刷

「化学物質の内分泌かく乱作用に関するホームページ」開設について

 環境省は、平成17年3月に公表した「化学物質の内分泌かく乱作用に関する 環境省の今後の対応方針について-ExTEND2005-」の柱の一つである「情報提供と リスクコミュニケーション等の推進」事業の一環として、環境情報普及センターに 「化学物質の内分泌かく乱作用に関するホームページ」を開設しましたので お知らせします(http://endocrine.eic.or.jp/)。

化学物質の内分泌かく乱作用問題は、科学的に不明確であったり、専門的で理解しにくかったりする内容を多く含んでいることから、ホームページでは、化学物質の内分泌かく乱作用に関連する情報を分かりやすい形でお知らせいたします。

ホームページの主なコンテンツ

  • 内分泌かく乱作用についての説明(簡略版/詳細版)
  • 対談/インタビュー
  • コラム/エッセイ
  • 国内での取組紹介
  • 化学物質の内分泌かく乱作用に関する国際シンポジウム関連情報
  • アンケート/意見募集

また、ホームページでは、様々な立場の方からの多様な意見の紹介を行っていきます。内分泌かく乱作用についてのリスクコミュニケーションを深めていくためには、多様な意見が存在するということの情報発信も重要と考えられることから、ホームページでは、作成主体である環境情報普及センターや環境省とは異なる意見についても掲載いたしております。

さらに、ホームページにおいては、12月4日に沖縄県那覇市で開催予定の第8回化学物質の内分泌かく乱作用に関する国際シンポジウム(一般向けプログラム)に関するアンケートを行い、その結果を同シンポジウムのパネルディスカッションで活用することとしております。

本ホームページアドレスは下記のとおりです。
  http://endocrine.eic.or.jp/
(本ホームページへは環境省ホームページhttp://www.env.go.jp/chemi/end/index.htmlからもアクセスできます。)

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長 上家 和子(内6350)
 係長 入江 芙美 (内6352)
 担当 奥崎 浩享 (内6354)

ページ先頭へ