報道発表資料

平成17年10月21日
地球環境
この記事を印刷

2004年度(平成16年度)の温室効果ガス排出量速報値について

今般、2004年度(平成16年度)の温室効果ガス排出量の速報値を別紙のとおりとりまとめました。
 毎年度の温室効果ガス排出量の確定値については、原則として各種統計の年報値を用いて算定し、年度終了から約1年後に政府全体としてとりまとめ、公表しています。
 一方、中央環境審議会地球環境部会等からは、地球温暖化対策に係る施策の検討に資するよう、なるべく早い時期に速報値を示すよう要請があることから、昨年度から環境省が独自に速報値を推計し、公表することとしています。
 速報値は、現段階で公表されている各種統計を用い、まだ入手できない一部のデータについては前年の値を代用するなどにより推計したものです。したがって、来年4月にとりまとめる予定の、政府全体としての正式な確定値とは若干の誤差があり得るものです。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%




地球環境・国際環境協力(地球環境局)行政資料

我が国の温室効果ガス排出量

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
課長 梶原成元(内線6770)
 調整官 山本昌宏(内線6771)
 課長補佐 馬場康弘(内線6778)
 環境専門員 中村恭子(内線6778)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ