報道発表資料

平成17年5月20日
自然環境
この記事を印刷

第1回エコツーリズム大賞の発表について

平成16年6月のエコツーリズム推進会議で取りまとめられた5つのエコツーリズム推進方策のひとつとして、エコツーリズム大賞の実施が掲げられました。このたび、第1回エコツーリズム大賞の受賞団体が決定しましたので発表します。

1. エコツーリズム大賞

 エコツーリズム大賞は、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組事例を表彰し広く紹介することで、取組への更なる質の向上や継続に意欲を与えるとともに、関係者の連携、情報交換などによる連帯意識の醸成を図ることを目的とした表彰制度です。

2. 審査委員

 小林 英俊   財団法人 日本交通公社理事(審査委員長)
 石山 醇   社団法人 日本旅行業協会事務局長
 海津 ゆりえ   特定非営利活動法人 日本エコツーリズム協会理事
 桜井 義維英   特定非営利活動法人 自然体験活動推進協議会理事
 下村 彰男   東京大学大学院農学生命科学研究科教授
 伊藤 哲夫   環境省自然環境局総務課長

3. 審査結果

 応募数90件について審査委員会で審査の結果、別紙のとおり大賞1点、優秀賞4点、特別賞6点が決まりました。

4. 表彰等

 表彰式は本年6月5日(日)に「愛・地球博:EXPOドーム」で行い、小池環境大臣より表彰状を授与します。
 また、6月5日(日)10:00より、「愛・地球博:EXPOホール」にて開催される「自然ふれあいトーク・リレー」において、大賞・優秀賞受賞団体より活動紹介をしていただきます。
 なお、受賞団体は環境省のホームページ上で公表します。
 (環境省 http://www.env.go.jp/)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課
課長  :伊藤哲夫(6410)
 自然ふれあい推進室
 室長  :中島慶二(6421)
 専門官:熊谷悦男(6424)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ