報道発表資料

平成17年4月22日
廃棄物
この記事を印刷

家電リサイクル法施行状況(平成16年度実績)について

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)に基づき、製造業者等が全国の指定引取場所及び家電リサイクルプラントにおいて引き取った廃家電4品目の平成16年度の引取台数を公表いたします。

[概況]

  1.  平成13年4月から始まった家電リサイクル法は、廃家電4品目(エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機)について、消費者による適正排出、小売業者による消費者からの引取り、製造業者等による指定引取場所における引取り及び家電リサイクルプラントにおける再商品化等を推進してきたところ。
     
  2.  平成16年度の実績を見ると、家電4品目の国内出荷が前年度比約4%増加した中で、廃家電4品目の引取台数は前年度比約7%増加した。廃家電4品目の排出は買替えに伴って生じることが多いと考えられることから、国内出荷の増加を上回り引取台数が増加したことは、家電リサイクル制度が消費者をはじめとする多くの関係者の理解と協力に支えられ、概ね定着してきていることを表していると思われる。

[引取の状況]

  1.  平成17年3月に全国の指定引取場所が引き取った廃家電4品目は83万台(前年度比3.5%増)であった。この結果、平成16年度の1年間を通して引き取った廃家電4品目の合計は約1,122万台(前年度比7.2%増)となった。(資料1を参照)
     平成16年度に引き取った廃家電4品目の内訳を見ると、テレビが379万台(構成比34%)、洗濯機が281万台(同25%)、冷蔵庫・冷凍庫が280万台(同25%)、エアコンが181万台(同16%)となっている。(資料1−[2]を参照)
     また、前年度比で見るとエアコンが14%増、テレビが7%増、洗濯機が6%増、冷蔵庫・冷蔵庫が5%増となっている。


全国の指定取引場所における取引台数の推移

[家電リサイクルプラントの状況]

  1.  平成17年3月末時点で、全国で44カ所の家電リサイクルプラントが稼動しており、約2,300人の雇用が生まれている。(資料2を参照)
     
  2.  平成17年3月に指定引取場所から全国の家電リサイクルプラントに搬入された廃家電4品目は80万台(前年度比1.5%減)であった。その結果、平成16年度に家電リサイクルプラントに搬入された廃家電4品目の合計は約1,121万台(前年度比6.6%増)となった。(資料1を参照)
     平成16年度に家電リサイクルプラントに搬入された廃家電4品目の内訳を見ると、テレビが378万台(構成比34%)、冷蔵庫・冷凍庫が281万台(同25%)、洗濯機が280万台(同25%)、エアコンが181万台(同16%)となっている。(資料1−[2]を参照)

[家電リサイクル券システムについて]

  1.  消費者は、(財)家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページhttp://www.rkc.aeha.or.jpの「排出者向け引取り状況確認機能」を利用して、自分が排出した廃家電の状況を確認できる。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
室長補佐 根木 桂三(6834)
 担当    深野 竹志(6836)

経済産業省商務情報政策局情報通信機器課
 環境リサイクル室
 電話03−3501−1511
 課長補佐 横瀬 栄二(3981)
 担当    遠藤  充 (3981)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ