報道発表資料

平成17年4月15日
自然環境
この記事を印刷

第36回ガンカモ科鳥類の生息調査「全国ガンカモ一斉調査」について

ガンカモ科鳥類の生息調査(通称「全国ガンカモ一斉調査」)は、我が国に渡来するガンカモ科鳥類の冬期の生息状況の把握を目的として、昭和45年より毎年1月、全国的に調査日を定めて、各都道府県の協力を得ながら、全国5,000人規模で、ガンカモ科鳥類の観察調査(一斉カウント)を実施しているものです。
 平成16年度は、平成17年1月15日に全国約9,000地点において調査を行いました。
 その結果を暫定値として取りまとめたところ、全国において、ハクチョウ類約8万1千羽、ガン類約11万6千羽、カモ類約177万3千羽が観察されました。
 過去10年間の調査結果によると、ガンカモ科鳥類の観察数に大きな変化は見られませんでした。
  1. 調査概要
    目的:我が国におけるガンカモ科鳥類の冬期の生息状況を把握すること。
    ・調査期間:平成17年1月15日(予備日:1月10〜20日)
    調査地:ガンカモ科鳥類の生息地となっている全国約9,000地点の湖沼等で調査を実施しました。
    ハクチョウ類及びガン類については原則として全ての生息地を対象とし、カモ類の生息地については可能な限り多くの生息地を対象としました。
    ・調査方法:各都道府県において、各調査地点に調査員を配置し、双眼鏡等を使用した目視により、ガンカモ科鳥類の個体数を種ごとにカウントしました。
    集計:各都道府県の調査結果を環境省において全国集計しました。

  2. 結果概要
     全国約9,000地点の調査地のうち約5,800地点でガンカモ科鳥類が観察され、ハクチョウ類は約570地点、ガン類は約110地点、カモ類は約5,700地点で観察されました。ハクチョウ類、ガン類、カモ類のそれぞれについて、全国で観察された総数は、ハクチョウ類約8万1千羽、ガン類約11万6千羽、カモ類約177万3千羽でした。
     過去10年間の調査結果によると、ガンカモ科鳥類の観察数に大きな変化は見られませんでした。(*巻末後述)
     オオハクチョウ、コハクチョウなどハクチョウ類については、東北地方から新潟県にかけての地域で観察数が多く、この地域で全国の約81%に当たる約6万6千羽が観察されました。特に、新潟県及び山形県で観察数が多く、この2県で全国の約45%に当たる約3万7千羽が観察されました。
     マガンをはじめとするガン類については、宮城県で局所的に観察数が多く、全国の約86%に当たる約9万9千羽が観察されました。特に、蕪栗沼、伊豆沼及び内沼で観察数が多く、これら3つの湖沼で全国の約78%に当たる約9万羽が観察されました。
     マガモをはじめとするカモ類については、広く全国で観察され、その観察数は全国で177万3千羽でした。
     なお、今回の集計結果は暫定値であり、今後データの精査を行った上で最終的な取りまとめを行います。
    昭和45年から調査を実施しているが、調査箇所数及び調査員数が大きく変化しているために、調査精度がほぼ同一と判断される過去10年間について比較対象としている。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課課長    名執芳博
課長補佐 鈴木 明
 担当    藤井好太郎

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ