報道発表資料

平成17年3月14日
保健対策
この記事を印刷

「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について−ExTEND 2005−」の公表について

環境省では、平成10年5月に策定した「内分泌攪乱化学物質問題への環境庁の対応方針について-環境ホルモン戦略計画SPEED’98-」を改訂し、今般、「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について−ExTEND 2005−」を取りまとめましたので、公表いたします。

 環境省では、平成10年(1998年)5月に「内分泌攪乱化学物質問題への環境庁の対応方針について-環境ホルモン戦略計画SPEED'98-」(平成12年(2000年)11月に新しい知見等を追加・修正)を策定し、これに沿って化学物質の内分泌系への作用に関する研究の推進、試験法開発及び試験の実施、国際シンポジウムの開催等を行ってきました。

 SPEED’98策定から5年が経過し、その間、様々な取組を通じて新たな科学的知見が着実に蓄積され、また国際的な取組が進展した等の状況を踏まえ、環境省では平成15年度(2003年)から2年間にわたり専門家、消費者団体等を構成メンバーとする「SPEED'98改訂ワーキンググループ」を設置し検討を重ねてきました。ワーキンググループで取りまとめられた「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について(案)」については、平成16年12月28日から平成17年1月28日まで、パブリックコメントの募集を行いました。その結果については、環境省ホームページで公開しています。(http://www.env.go.jp/info/iken2.html

 今般、パブリックコメントの結果も踏まえ、「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について−ExTEND 2005−」を取りまとめましたので、公表いたします。(http://www.env.go.jp/chemi/end/index.html
 平成17年度からはこの新しい方針に基づき、調査研究等を推進して行く予定です。

※本文中のサブタイトルである−ExTEND 2005−は、Enhanced Tack on Endocrine
Disruptionの頭文字に文章の作成年を添えたものである。


環境保健部行政資料
化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について−ExTEND 2005

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長  :上家 和子(内線6350)
 専門官:佐々木 健(内線6352)
 係長  :入江 芙美(内線6352)
 担当  :榮田 智志(内線6354)

ページ先頭へ