報道発表資料

平成17年2月22日
地球環境
この記事を印刷

結婚準備中のカップルに向けた温暖化対策製品の普及啓発冊子「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」について

「環のくらしフォーラム」(座長:松橋 隆治 東京大学大学院教授)は、地球温暖化防止に向けた一人ひとりのより実践的な取組を支援するため、具体的な温暖化対策製品を紹介した冊子「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」(B5版20ページ)を作成しましたので、お知らせします。

1.背景

地球温暖化防止に向けて、国民一人ひとりの具体的な取組を促すために発足した「環のくらしフォーラム」(座長:松橋 隆治 東京大学大学院教授)では、消費者が製品を選択する際に温暖化対策型の製品を選択できるような情報を盛り込んだ冊子を一昨年から作成しています。
 今回完成した「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」は、昨年8月に発表した「ふたりで始める『環のくらし』」の続編で、前作同様結婚準備中の方を対象にしています。この冊子を参考に製品を選び、温暖化対策に役立つ使い方をし、ふたりで「環のくらし」を始めていただきたいと思います。なお、「身近に取り組める温暖化対策は何か?」を知りたい方にも役に立つ冊子になっておりますので、幅広い層の方に読んでいただくことも期待しております。

2.「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」の概要

[1] 「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」では、結婚準備中のカップルが先輩カップルの行動を参考に新たなライフスタイルを構築することに着目し、冒頭で都心と郊外に住む二組の先輩カップルが実践している温暖化対策につながる製品の選び方や使い方を紹介しています。また、それぞれの製品毎にも先輩カップルが普段の生活の中で無理なく行っているエコライフを紹介することで、「温暖化対策は大変なことでも、特別なことでもない」ことを読者に訴えています。

[2] 具体的な製品情報の掲載品目は、結婚を機に多くのカップルが購入し、かつ家庭における電力消費量の多い家電を中心とした6品目(エアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、食器洗い乾燥機温水洗浄便座)と、結婚準備としてはあまり購入しないが第1子妊娠をきっかけに購入を検討する「自動車」です。

[3] 例に挙げた製品は、新婚カップルを対象にした調査結果から購入割合の高いサイズ(容量)のものとしました。

[4] なお、「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」は、結婚準備中のカップルを対象とした情報誌(株)リクルート発行「ゼクシィ新生活ちゃんと準備BOOK 4月号」(2月23日発売)(発行部数4.1万部)とタイアップし、付録として配布する等により国民に広く提供するほか、「環のくらし」ホームページ(www.wanokurashi.ne.jp)に掲載します。

3.「ふたりで始める『環のくらし』Part.2」の構成

[1] 始めに地球温暖化問題について解説。温暖化は私たちのくらしにも起因していることと、新生活準備の時期は「環のくらし」を始める絶好のチャンスであることを説明。

[2] 「都心暮らしで自動車を持たないカップル」と「郊外暮らしで自動車を持つカップル」がそれぞれの暮らしの中で行っている温暖化対策のポイントを紹介

(取組の例)
都心暮らし・・・ 日差しが強い時は遮光カーテンを利用したり、ベランダにテーブルセットを置き、夏の夕方はそこで過ごすこと等で冷房を使わない工夫をしている。
郊外暮らし・・・ 車を持っているが遠出の時しか使わないようにし、乗る時も余分な荷物はトランクに積まない、アイドリングストップを行うなどエコドライブを心掛けている。

[3] エアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、食器洗い乾燥機、温水洗浄便座、自動車については、具体的な製品を紹介し省エネにつながる購入時のチェックポイントを紹介。また、先輩カップルが実際に行っている温暖化対策につながる使い方を写真付きで紹介。

(取組の例)
エアコン・・・ フルタイムの共働きカップルだが、タイマー設定せず、帰宅してからスイッチオン。
冷蔵庫 ・・・ 仕事帰りにスーパーで旬の食材を調達。多めに買ったら下ごしらえをしてフリージングすることで冷蔵庫を詰め込み過ぎない工夫。
自動車 ・・・ デザインで選んだハイブリッドカーだったが、乗ってみたら『あっこれがエコなんだな』と実感。環境意識が高まり、効率の良い運転を心がけるようになった。

[4] 照明、ガスコンロ、電子レンジ、電気ジャーポットについては、選ぶ時のチェックポイントとエコライフに役立つ使い方を簡単に紹介。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室(直通:03-5521-8341)
 室長:土居健太郎(内6763)
 担当:青柳恵美子(内6794)

ページ先頭へ