報道発表資料

平成16年12月28日
保健対策
この記事を印刷

「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について(案)」に対する意見の募集について

環境省では、平成10年5月に策定した「内分泌攪乱化学物質問題への環境庁の対応方針について-環境ホルモン戦略計画SPEED'98-」(平成12年11月に新しい知見等を追加・修正)を改訂するため、平成15年度から専門家、消費者団体代表等を構成メンバーとするSPEED'98改訂ワーキンググループを設置し検討を重ねてまいりました。
 今般「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について(案)」を取りまとめましたので、本案について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成16年12月28日から平成17年1月28日まで、電子メール、郵送、ファクシミリにより意見を募集(パブリック・コメント)いたします。

 環境省では、平成10年(1998年)5月「内分泌攪乱化学物質問題への環境庁の対応方針について-環境ホルモン戦略計画SPEED'98-」を(平成12年(2000年)11月に新しい知見等を追加・修正)を策定し、これに沿って化学物質の内分泌系への作用に関する研究の推進、試験法開発及び試験の実施、国際シンポジウムの開催等を推進してまいりました。
 SPEED'98策定から5年が経過し、その間、様々な取組を通じて新たな科学的知見が着実に蓄積され、また国際的な取組が進展した等の状況を踏まえ、環境省では平成15年度(2003年)から2年間にわたり専門家、消費者団体代表等を構成メンバーとするSPEED'98改訂ワーキンググループを設置し検討を重ね、今般「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について(案)」を取りまとめました。
 つきましては、今後の参考とするため、本案について広く国民の皆様から御意見を募集いたします。御意見のある方は別紙「御意見募集要項」に沿って御提出ください。
 なお、御意見に対して個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ御了承願います。


添付資料一覧

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長  :上家 和子(内線 6350)
 専門官:佐々木 健(内線 6352)
 係長  :入江 芙美(内線 6352)
 担当  :榮田 智志(内線 6354)

ページ先頭へ