報道発表資料

平成16年8月16日
水・土壌
この記事を印刷

「土壌残留及び水質汚濁に係る農薬登録保留基準の改定について(中央環境審議会土壌農薬部会農薬専門委員会報告)」への意見の募集について

 中央環境審議会土壌農薬部会農薬専門委員会(委員長:須藤隆一 東北工業大学環境情報工学科客員教授)は、今般、「土壌残留及び水質汚濁に係る農薬登録保留基準の改定について」(農薬専門委員会報告)を取りまとめました。  本報告について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成16年8月16日(月)から平成16年9月14日(火)(17:45締切り)まで、意見募集(パブリックコメント)いたします。御意見のある方は御意見募集要項に沿って御提出下さい。集められた御意見については、取りまとめの上、中央環境審議会土壌農薬部会の審議の参考にさせていただくとともに、御意見の概要とそれについての考え方について公表する予定です。
 なお、御意見に対して個別の回答はいたしかねますので、その旨御了承願います。

  1. 専門委員会報告の概要
    (1) 土壌残留及び水質汚濁に係る農薬登録保留基準の改定の趣旨
       農薬は、農薬取締法の規定により、農林水産大臣の登録を受けなければ製造・輸入してならないこととされていますが、登録するか否かの判断基準は10項目あり、それに該当する場合には登録が保留されます。このうち、作物残留、土壌残留、水産動植物に対する毒性及び水質汚濁の4項目に関しては、環境大臣が基準(農薬登録保留基準)を定めて告示しています。
     農薬登録保留基準については、最新の科学的知見や国際的な取組を考慮して充実を図っていく必要がありますが、近年では化学物質対策に関する国際的な取組である「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」(POPs条約)や、諸外国の農薬規制において、化学物質(農薬)の環境中における残留性や生物濃縮性の観点が重視されています。
     農薬登録保留基準のうち
    ・環境中における残留性を考慮するものとしては土壌残留に係る農薬登録保留基準が、
    ・生物濃縮性を考慮するものとしては水質汚濁に係る農薬登録保留基準が、
    それぞれ該当することから、農薬取締法に基づく農薬登録保留基準についても、このような国際的動向等を踏まえて、土壌残留及び水質汚濁に係る農薬登録保留基準の告示(注)改定を行うものです。
     
    (注)
    「農薬取締法第3条第1項第4号から第7号までに掲げる場合に該当するかどうかの基準を定める等の件(昭和46年3月2日農林省告示第346号)」

    (2) 改正内容
      ア. 土壌残留に係る農薬登録保留基準
     現行の土壌残留に係る農薬登録保留基準では、土壌中半減期について1年をクライテリアとしており、土壌中半減期が1年以上の農薬については、当該農薬を使用した場合に、その使用に係る農地において通常栽培される農作物が当該農地の土壌の当該農薬の使用に係る汚染により汚染される場合には登録が保留されるという規制が実施されています。この土壌中半減期のクライテリアについて、国際的に合意されたPOPs条約の基準を重視し、現行の1年から180日にする等の見直しを行うものです。
      イ. 水質汚濁に係る農薬登録保留基準
     現行の水質汚濁に係る農薬登録保留基準では、農薬によって汚濁した水の利用による人畜への悪影響のみを考慮して個別農薬毎に基準値を設定していますが、生物濃縮性の高い農薬については、農薬が魚類中で濃縮されその魚類を利用することによる人畜への悪影響についても考慮して基準値の設定を行う等の見直しを行うものです。

     
  2. 今後の手続きについて
     パブリックコメント手続後、土壌農薬部会への報告を行い了承が得られた後、農薬取締法第16条第2項の規定に基づく農業資材審議会への諮問・答申等を経て告示改正を行う予定です。

     
  3. 意見募集(パブリックコメント)について
     今回、農薬専門委員会報告「土壌残留及び水質汚濁に係る農薬登録保留基準の改定について」を土壌農薬部会で審議するにあたり広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、意見募集を行うこととしたものです。御意見のある方は、「御意見募集要項」に沿って御提出下さい。
     パブリックコメント手続後、土壌農薬部会においては提出いただいた意見を考慮し、農薬専門委員会報告の審議を行う予定です。また、いただいた御意見の概要とそれに対する考え方について公表する予定です。なお、御意見に対して個別の回答はいたしかねますので、その旨御了承願います。


添付資料一覧

連絡先
環境省環境管理局水環境部土壌環境課
農薬環境管理室
 室長  :早川 泰弘 (6640)
 室長補佐:更田 真一郎(6641)
 室長補佐:神谷 洋一 (6642)
 担当  :沖本 真朗 (6643)

ページ先頭へ