報道発表資料

平成16年7月27日
総合政策
この記事を印刷

「学校校舎エコ改修と環境教育」事業に関する平成16年度フィージビリティー調査の対象校の決定について

 「学校校舎エコ改修と環境教育」事業の平成16年度フィージビリティ調査の対象となる校舎については、公募に2校の応募があり、その中から、東京都江戸川区上一色南小学校とすることに決定しました。
 なお、日野市立滝合小学校の応募もあり、同校は郊外型の立地であって調査することの意義が認められたので、同小学校においても、部分的なフィージビリティ調査を行います。

  1. フィージビリティ調査対象校の決定

     去る5月21日付けで公募していたエコ改修等の具体的内容を調査研究する対象となる校舎については、2校応募があり、その中から東京都江戸川区上一色南小学校とすることに決定しました。同校を具体例として、現況の調査等を踏まえ、環境改修の手法の考察、改修の基本構想の立案などが行われることになります。
     なお、日野市立滝合小学校の応募もあり、同校は郊外型の立地であって調査することの意義が認められたので、同小学校においても、部分的なフィージビリティ調査を行います。

     
  2. フィージビリティ調査の対象校舎の選考経過

    (1) 応募締切  6月15日
     江戸川区、日野市より応募学校が提出される。
    (2) 選考手順の決定  6月24日
    (3) 現地調査  6月25日
     小林審議官、瀧口室長、有田係長ほかが現地を調査
    (4) 決定  6月28日
     

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課民間活動支援室
補佐:滝口 直樹  (6267)
 係長:有田 一仁  (3406-5180)
 環境教育推進室
 室長:渋谷 晃太郎(6240)
 補佐:田島 佳代子(6262)

ページ先頭へ