報道発表資料

平成16年5月25日
総合政策
この記事を印刷

平成16年版環境白書について−広がれ環境のわざと心−

平成16年版環境白書は、5月28日(金)に閣議決定され、国会提出及び公表される予定です。今回の白書は、公害白書から数えて36回目で、総説のテーマは「広がれ環境のわざと心」です。
また、白書の内容を広く国民に普及させ、環境保全に関する意識の啓発を図るため、東京のほか全国9カ所で「環境白書を読む会」(白書説明会)を開催します。

1 環境白書の概要

 今回の白書は、「広がれ環境のわざと心」を総説のテーマとしました。優れた環境技術や環境に配慮した事業形態などの「環境のわざ」と、環境を大切にし、敬う「環境の心」とを組み合わせることにより、環境と経済の好循環を生み出せることを説明しています。また、「環境のわざと心」を、環境教育、国際環境協力等を通じて日本国内に、そして世界へ広げていくことで、くらしや社会経済活動に一層の発展をもたらす「環境革命」を実現し、地球環境の保全につなげることを訴えています。

<全体構成>

○平成15年度  環境の状況に関する年次報告
第1部  総説  広がれ環境のわざと心
序章 環境革命の時代へ
第1章 くらしを彩る「環境のわざ」
第2章 くらしを深める「環境の心」
第3章 日本で、そして世界へ
第2部  環境問題の現状と政府が環境の保全に関して講じた施策
○平成16年度において講じようとする環境の保全に関する施策

2 「図で見る環境白書」及び「子ども環境白書」の配布について

 環境白書の内容を広く国民に普及させ、環境保全に関する意識の啓発を図ることを目的に、環境白書の公表に合わせ、その内容について図表を中心に分かりやすく要約し、多くの人々に親しんでいただけるよう編集した「図で見る環境白書」を作成しました。
 とりわけ、次代を担う青少年に対しては、普及啓発を重点的に行う必要があると考え、「図で見る環境白書」を都道府県等の教育委員会を通じ全国の中学校及び高等学校に配布します。
 また、小・中学生向けに、白書の内容をさらにやさしく説明した「子ども環境白書」を今後作成し、全国の小・中学校に配布する予定です。

3 白書の入手方法

「環境白書」 一般の書店を通じて購入できます(5月31日発行予定)。
1部 1,600円(税込)
「図で見る環境白書」 (株)ぎょうせい(営業部)にお問い合わせ下さい。
電話03−5349−6654
1部  200円(税込、送料別)
環境省のホームページ(http://www.env.go.jp/)においても「環境白書」及び「図で見る環境白書」等を掲載する予定です(環境白書については、過去35年分を掲載済み(公害白書を含む)。)。

4 環境白書・循環型社会白書を読む会(白書説明会)の開催について

今年の環境白書・循環型社会白書について、総説を中心に、テーマやねらいなどを、執筆担当者から解説します(参加自由・入場無料)。

日時 6月14日(月)
第1回:13時〜15時 第2回:15時30分〜17時30分 第3回:18時〜20時
場所 環境パートナーシップオフィスB2会議室(定員60名)
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2)
共催・申込先 グリーン購入ネットワーク(GPN)
TEL:03-3406-5155 FAX:03-3406-5190
電子メール:gpn@net.email.ne.jp

申込みはFAX又は電子メールで、氏名、所属、電話番号、FAX番号、第1回・第2回・第3回のいずれに参加を希望するかをお知らせください。

なお、希望者多数の場合は、誠に恐縮ですが先着順で受付させていただきます。

○全国9カ所で行う環境省地方環境対策調査官事務所主催による「環境白書を読む会」については、別紙のとおり開催します。

資料一覧

平成16年版環境白書(案)について
環境白書説明資料
平成15年度環境の状況に関する年次報告
平成16年度において講じようとする環境の保全に関する施策

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課
課長  :谷 みどり(6220)
 課長補佐:東岡 礼治(6250)
 担当  :山本 泰生(6256)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ