報道発表資料

平成16年5月13日
総合政策
この記事を印刷

「環境と経済の好循環を目指したビジョンについて」に係る中央環境審議会答申について

環境大臣が中央環境審議会に対して諮問した「環境と経済の好循環を目指したビジョンについて」について、平成16年5月13日付けで答申がなされたので、お知らせします。

 平成15年9月19日に環境大臣が諮問した「環境と経済の好循環を目指したビジョンについて」については、中央環境審議会総合政策部会に設置された「環境と経済の好循環専門委員会」(委員長:安原正(財)環境情報普及センター顧問)において、同年11月以来審議が重ねられ、本年4月16日に開催された第7回環境と経済の好循環専門委員会において報告が基本的に取りまとめられたところですが、本日開催された総合政策部会での審議を経て、別添のとおり総合政策部会からの報告が最終的に決定されることとなり、本日付けで同審議会会長から環境大臣に対して答申がなされました。

 本答申「環境と経済の好循環ビジョン」は、2025年を一つの到達点として、環境を良くすることが経済を発展させ、経済の活性化が環境を改善するという「環境と経済の好循環」を実現することにより、「健やかで美しく豊かな環境先進国」を目指すものです。


  [添付資料]

 【連絡先】 環境省総合環境政策局環境計画課内
中央環境審議会総合政策部会
環境と経済の好循環専門委員会事務局(担当:高野・楠田)
 TEL: 03−3581−3351(内6280)
03−5521−8233(直通)
 FAX: 03−3581−5951

審議会答申
環境と経済の好循環ビジョン
 〜健やかで美しく豊かな環境先進国へ向けて〜
 (平成16年5月 中央環境審議会答申)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課
課長  :谷 みどり(6220)
 課長補佐:小林 香 (6221)
 課長補佐:石川 亨 (6282)
 担当  :高野・楠田(6280)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ