報道発表資料

平成16年4月20日
地球環境
この記事を印刷

平成16年度 エネルギー起源二酸化炭素排出抑制及び酸性雨対策・黄砂対策のためのクリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)事業フィージビリティー調査に係るプロジェクト案件の募集について

今年度から、酸性雨対策または黄砂対策に資するとともに、エネルギー起源の二酸化炭素排出抑制対策を目的とするクリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)事業フィージビリティー調査を実施するため、日本の企業、非営利組織(NPO)等からプロジェクト案件を募集します。
 (公募期間:平成16年4月20日(火)〜5月19日(水))

1 趣旨
 1997年に開催された国際連合気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)で採択された「京都議定書」では、温室効果ガスによる地球温暖化防止のため、日本は、2008年から2012年の平均排出量を1990年レベルより6%削減することが定められました。京都議定書には、この削減目標を達成するため、柔軟措置として、「クリーン開発メカニズム(CDM)」や「共同実施(JI)」等の京都メカニズムが盛り込まれています。
 既に我が国を始めとし、EU諸国や中国、インド、ブラジルなどの途上国の多くの国々も批准をしており、京都議定書発効後における我が国の目標達成のためにも京都メカニズムの活用が重要になってきます。
 一方で、地球温暖化問題と同様、喫緊の課題として注目されている酸性雨問題(東アジア地域)及び黄砂問題(北東アジア地域)についても、CDM/JIのスキームを活用しつつその対策を推進していくことが効果的であると考えられています。
 このような背景のもと、酸性雨対策または黄砂対策にも資するCDM/JIの事業化を促進していくため、日本の企業、NPO等を対象に、温室効果ガスの排出削減につながると考えられるプロジェクト案件を募集し、選定された案件についてのフィージビリティー調査を実施することにより、将来的にCDM/JIとして効果の高いプロジェクト案件を発掘することとします。
 

2 募集窓口
環境省地球環境局環境保全対策課(越境大気汚染係)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 TEL 03-3581-3351内線6745 FAX 03-3581-3348


3 募集対象  企業、NPO等


4 募集期間  平成16年4月20日(火)〜5月19日(水)(午後5時必着)


5 募集詳細  別添のとおり。


添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
課長:荒井 真一(6740)
 補佐:瀬川 恵子(6745)
 担当:佐野 敦 (6745)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ