報道発表資料

平成15年12月25日
再生循環
この記事を印刷

ごみ固形燃料適正管理検討会報告書について

ごみ固形燃料の製造・利用のあり方について検討を進めてきた「ごみ固形燃料適正管理検討会」においては、12月25日、ごみ固形燃料の適切な製造・利用に関するガイドライン等を内容とする報告書を取りまとめた。
 環境省では、同日、各都道府県に対し、ガイドラインの周知・徹底を図るよう通知した。また、ガイドラインを踏まえ、今後、廃棄物処理法施行規則に定める廃棄物処理施設に関する技術上の基準等の見直しを行うこととしている。

 三重県企業庁のごみ固形燃料発電所における爆発事故の発生等を踏まえ、環境省では、「ごみ固形燃料適正管理検討会」(座長:武田信生京都大学大学院工学研究科教授)において、ごみ固形燃料の製造、保管、性状管理方法等について検討を進めてきた。

 平成15年9月2日に第1回検討会を開催して以来、全国のごみ固形燃料関係施設の実態調査、三重県ごみ固形燃料発電施設等の現地視察、ごみ固形燃料化施設及び発電施設管理者からのヒアリング等を実施するとともに、5回の検討会における議論を踏まえ、12月25日、ごみ固形燃料の製造・利用に関するガイドライン等を内容とする報告書を取りまとめた。

 環境省では、同日、各都道府県に対し、ガイドラインの周知・徹底を図るよう通知した。また、今後、廃棄物処理施設の構造や維持管理に関する基準とすべきものを精査し、廃棄物処理法施行規則に基づく廃棄物処理施設の技術上の基準の見直し等を行う予定である。


廃棄物・リサイクル対策部 報告書
ごみ固形燃料適正管理検討会報告書

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課
課長  :由田 秀人
 課長補佐:是澤 裕二(6842)
 専門官 :岡本 文彦(6846)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ