報道発表資料

平成15年11月26日
廃棄物
この記事を印刷

変圧器(トランス)などの重電機器からの微量のPCBの検出について(最終報)

 昨年7月12日にお知らせした変圧器(トランス)などの重電機器中の絶縁油から微量のPCBが検出された問題に関し、(社)日本電機工業会から、11月21日に最終報告書(資料1)をいただきましたのでお知らせします。
  1. 経緯
    平成14年7月12日、変圧器(トランス)などの重電機器中の絶縁油(PCBを絶縁油として使用していないもの)から微量のPCBが検出された事例があったこと等、本件に係る第1報を発表。
    同日、環境省は、(社)日本電機工業会に対し、原因の解明等調査の実施及び調査結果の環境省への情報提供等について、PCB特別措置法第15条の規定に基づき協力要請。(資料2)
    7月31日、(社)日本電機工業会から環境省に対し、それまで調査中となっていた3社の調査結果等について報告(8月1日発表(第2報))。
    10月17日、(社)日本電機工業会から環境省に対し、これまでの調査結果及び調査スケジュール等について報告(10月18日発表(第3報))。
    平成15年3月19日、上記調査スケジュールに基づく調査結果(中間報告)について報告(3月20日発表(第4報))。
    11月21日、調査結果(最終報告書)について報告。
     
  2. 11月21日付け(社)日本電機工業会からの報告(資料1:概要版)
    [1989年以前に製造された機器について]
    絶縁油メーカー19社中15社から、及び機器メーカー26社中19社から微量PCB検出事例があり、さらに、絶縁油に微量PCBが混入していたと考えられる事例があることより、絶縁油のライフサイクル(原料調達(再生油に限る)、製造、輸送の工程を含む)上で微量PCB混入の可能性が考えられ、機器メーカーにおける製造工程やユーザーへの機器納入後における保守要因(油交換・注油)での混入可能性に比し、機器メーカー及びユーザーが絶縁油を購入した段階で既に絶縁油そのものに微量PCBが混入していた可能性が高いと推察。
    しかしながら、絶縁油のライフサイクルのどの段階で絶縁油にPCBが混入したかについては、特定できなかった。
    機器メーカーとして可能な限りの調査を実施したが、これ以上の原因解明と重電機器の種類、製造年、メーカー名、製造工場、型式、製造時に使用した絶縁油のルート等による汚染範囲の特定は困難。
    [1990年以降に製造された機器について]
    1990年以降は、再生油の生産が中止され、機器メーカーは新油のみを使用していること、及び絶縁油メーカーは絶縁油出荷時にPCB分析を実施していること、並びに機器メーカーとして[1]絶縁油メーカーより"PCB不含証明書"を入手、及び[2]絶縁油の受け入れ時または製品の出荷時、あるいは受け入れ時と出荷時の両方でPCBの分析を実施していること等、絶縁油に対する品質管理が強化されたことから、機器メーカーの製品出荷時における微量PCBの混入はないと判断。
     
  3. 環境省の対応
    (1) (社)日本電機工業会による重電機器メーカーを中心とした調査範囲の中では明確な原因究明に至らなかったことから、環境省は、経済産業省とともに「低濃度PCB汚染物対策検討委員会(仮称)」(以下、「委員会」という。)を設置し、電気絶縁油のライフサイクルに係わるすべての関係者の協力を得ながら、原因究明を進めるとともに、このような重電機器を中心とした低濃度PCB汚染物の処理の基本的方向等を検討する。(資料3)
    (2) (社)日本電機工業会に対して、PCB特措法第15条の規定に基づき、引き続き、重電機器のユーザーに対する情報提供等について協力を要請するとともに、委員会の検討に必要な各種データの提供や調査等について協力を要請した。
    (3) その他電気絶縁油のライフサイクルに係わる関係者に対しても、委員会における検討状況を踏まえ、必要な協力を要請していく。
    (4) 都道府県・政令市に対して、本件に係る情報提供を行う。さらに、関係事業者及び産業廃棄物処理業者に対して、引き続き、本件に係る情報提供を行うとともに本件に係る変圧器等が廃棄物となった場合の取扱いについて周知、指導するよう要請した。
本件に関しては、本日、(社)日本電機工業会(問い合わせ先:03−3581−4842)においても記者発表しています。
(社)日本電機工業会の最終報告書詳細版については、http://www.jema-net.or.jp/Japanese/jyuden/pcb_top.htmをご覧下さい。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
課長:  森谷  賢(内線6871)
 課長補佐:吉澤 正宏(内線6880)
 担当:  横田 浩志(内線6895)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ