報道発表資料

平成15年3月7日
保健対策
この記事を印刷

化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の一部を改正する法律案について

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の一部を改正する法律案」が平成15年3月7日に閣議決定され、国会に提出されました。この法案は、化学物質の動植物への影響に着目した審査・規制制度を導入するとともに、環境中への放出可能性を考慮した、一層効果的かつ効率的な措置等を講じることを内容としています。
 「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の一部を改正する法律案」が平成15年3月7日に閣議決定され、国会に提出されました。その具体的な改正内容は以下のとおりです。
  
(1) 従来、人の健康被害防止の観点から化学物質の審査・規制を行ってきましたが、今後は環境中の動植物への被害防止の観点からも審査・規制を行うこととします。
(2) 環境中で分解せず、生物の体内に蓄積されやすい化学物質については、毒性が明らかになるまでの間も法的な監視の下に置くこととします。
(3) 化学物質の取扱いの状況や製造・輸入数量等に着目して、化学物質が環境中に放出される可能性に応じた審査制度を導入し、一層効果的かつ効率的な制度とします。
(4) 事業者が入手した化学物質の有害性情報を国に報告することを義務付けます。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課化学物質審査室
室長:早水輝好(6309)
 補佐:新田  晃(6314)
 係長:久保善哉(6329)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ