報道発表資料

平成14年10月29日
自然環境
この記事を印刷

「鳥獣の保護を図るための事業を実施するための基本的な指針」に対する意見募集について

第154回国会で成立した「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」の施行に向け、「鳥獣の保護を図るための事業を実施するための基本的な指針」について、中央環境審議会野生生物部会で検討を進めてきましたが、このたび、答申案をとりまとめましたので、広く一般からの御意見を募集します。
  1. 案件の概要

     第154回国会において、「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」は全部改正され、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」が成立しました。
     これを受けて、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」に基づき、平成14年9月9日に諮問された下記の案件について、別紙のとおり、答申案を取りまとめましたので、10月29日(火)から11月24日(日)までの間、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。
     御意見のある方は、「御意見募集要領」に沿って、御提出下さい。皆様からの御意見は、検討の参考とさせていただきます。
     なお、御意見に対して個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ御了承願います。
     
     鳥獣の保護を図るための事業を実施するための基本的な指針
     
    【概要】
     鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第3条第1項の規定に基づき、鳥獣の保護を図るための事業を実施するための基本的な指針を定めるもの。
     
      
  2. 意見提出手続について
     
    意見募集期間 平成14年10月29日(火)〜平成14年11月24日(日)
    意見提出先 環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
    E-mail: shizen-choju@env.go.jp
    F A X : 03(3581)7090
     
      詳しくは、「御意見募集要項」を御覧下さい。
     
     
  3. 今後のスケジュール
     
    平成14年10月29日(火)
    〜同年11月24日(日)  パブリックコメント実施
    平成14年11月29日(金)(予定)  中央環境審議会野生生物部会より答申
    平成15年 4月16日(水)(予定)  鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行

添付資料

連絡先
環境省中央環境審議会野生生物部会事務局
環境省自然環境局野生生物課
課   長:黒田大三郎(6460)
 鳥獣保護業務室 
 室   長:富澤多美男(6470)
 室長補佐:飛島  雄史(6471)
 担   当:横川、山本(6492)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ