報道発表資料

平成14年10月4日
地球環境
この記事を印刷

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)第3回上級技術管理者会合の結果について

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の「第3回上級技術管理者会合」が10月2日〜4日、新潟市にある(財)日本環境衛生センター酸性雨研究センターにおいて、EANET参加11カ国からの参加を得て開催された。
 会合においては、各国のEANET活動の状況報告及び2001年のモニタリングデータ、今後の研究活動等についての検討がなされた。この結果は、本年11月にタイ(バンコク)で開催される第2回EANET科学諮問委員会に提出されるレポートの作成等に活用されることになる。
1 会合の概要
 
 (1) 期間・場所
日時 2002年10月2日(水)9:30から10月4日(金) 16:00まで
  場所 酸性雨研究センター(〒950-2144 新潟市曽和1182 TEL 025(263)0550 )
 
 (2) 参加者
  EANET参加11カ国(カンボジア、中国、インドネシア、日本、マレーシア、モンゴル、フィリピン、韓国、ロシア、タイ、ベトナム)及びラオスの上級技術管理者、関連国際機関及び国内の酸性雨問題専門家、環境省、気象庁、新潟県、新潟市、(社)日本環境技術協会、酸性雨研究センター他
 
 
2 会合の結果
 
 (1)  第2回上級技術管理者会合以降のEANET活動のレビュー
 昨年9月に開催された第2回上級技術管理者会合以降のEANET活動(技術ミッションの派遣、研修活動の実施、共同研究の実施等)のレビューが行われた。
 
(2)  各国におけるEANETの活動状況について
 各国のEANET活動の状況についての報告及びその内容について議論がなされた。各国は、この結果を踏まえ、必要に応じ、ナショナルモニタリングプラン等について更に検討を加えることとされた。
 
(3)  2001年のモニタリングデータレポートの検討
 各国から提出された2001年のモニタリングデータを取りまとめたレポート案について検討がなされた。ネットワークセンター(酸性雨研究センター)は、今後、本年11月にタイ(バンコク)で開催される第2回科学諮問委員会までに、更にデータの精査を進めるとともに、レポート案の修正等を行うこととされた。
 
(4)  2001年分析機関間比較調査結果報告書案の検討
 QA/QC(精度保証・精度管理)活動の一環として行われている分析機関間比較調査(同一の試料を用いて分析結果を比較するもの。)について、2001年に実施した結果を取りまとめたレポート案について検討がなされた。ネットワークセンターは、今後第2回科学諮問委員会までに、追加的なデータ解析を進めるとともに、レポート案の修正等を行うこととされた。
 
(5)  モニタリング手法の改善についての検討
 ネットワークセンターから、EANETの土壌・植生モニタリングの今後の指針となる戦略ペーパー(案)、東アジアにおけるフィルターパックモニタリングに関する技術文書(素案)及び2001年に参加国の国内で実施された研修活動調査結果についての説明が行われ、これらに関する議論が行われた。
 
(6)  酸性雨に係る将来の研究活動の検討
 ネットワークセンターから、酸性雨に関する現在進行中の研究活動状況報告、排出量インベントリーと数値モデルに関する既存事例報告、EANETの長期的目標の達成に向けたさらなる研究活動についての説明があり、これらに関する議論が行われた。ネットワークセンターは、今回の意見等を踏まえ、今後、第2回科学諮問委員会に提出する研究活動に関する提案書を作成していくこととされた。
 
(7)  その他
   会合に出席した関連国際機関の専門家による最近の酸性雨等に関する研究成果等の報告が行われた。
 
連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
課長:太田 進(6740)
 補佐:水野 理(6741)
 係長:海東 聡(6745)

ページ先頭へ