報道発表資料

平成14年8月27日
自然環境
この記事を印刷

平成14年度動物愛護週間中央行事「動物愛護シンポジウム」の開催について

「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、広く国民の間に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、9月20日から26日を動物愛護週間と定め、国、地方自治体、関係団体が協力して、各種行事を実施している。
 本年度の中央行事「動物愛護フェスティバル」は、上野恩賜公園において、9月21日(土)から22日(日)の2日間開催することとしている。
 本年度の中央行事では、ペット動物由来の移入種問題が全国で顕在化し、本年3月に策定された新・生物多様性国家戦略において、動物管理の徹底が求められていることを踏まえ、「野生動物の飼養のあり方を考える」をテーマにシンポジウムを開催する。シンポジウムでは、(財)自然環境研究センター研究主幹千石正一氏の講演及びパネルディスカッションを行うこととしている。
  1. 日時:平成14年9月21日(土)
     
  2. 場所:上野恩賜公園内(東京都美術館講堂)
        東京都台東区上野公園8−36
        <アクセス>
         JR上野駅(公園口)  徒歩 7分
         営団地下鉄上野駅  徒歩10分
         京成電鉄 上野駅  徒歩10分
     
  3. 内容:プログラム(予定)13:00〜16:45
       ・ セレモニー
    基調講演 千石正一((財)自然環境研究センター研究主幹)
    パネルディスカッション
    司会 中川志郎((財)日本動物愛護協会理事長)
      パネラー 小宮輝之(上野動物園飼育課長)
    千石正一
    山崎恵子(ペット研究会「互」主宰)
     
  4. 主催:動物愛護週間中央行事実行委員会(事務局:(財)日本動物愛護協会)
    <実行委員会メンバー>
     環境省、東京都、台東区、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(社)日本愛玩動物協会、(社)日本動物保護管理協会、(社)日本動物園水族館協会、(社)東京都動物保護管理協会、(社)日本新聞協会、(社)日本雑誌協会
      _  
  5. 参加方法
       ・ 参加を希望する場合は、事前に、事務局((社)日本動物福祉協会)に申し込んで下さい。
    参加費無料。
    参加申し込みの受付は、先着順となっています。定員(200名)に達した時点で打ち切らせていただきます。
     
  6. 問い合わせ・参加申し込み
    (社)日本動物福祉協会
     〒106-8663 東京都港区元麻布3−1−38
     電 話:03-3405-5681
     F A X:03-3478-1945
連絡先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
室長 神田 修二(内線6484)
 補佐 岡部   久(内線6427)

ページ先頭へ