報道発表資料

平成14年3月27日
保健対策
この記事を印刷

ダイオキシン類精密暴露調査の結果について−平成12,13年度調査結果−

環境省は、平成12,13年度、大阪府能勢町地域及び埼玉県地域においてダイオキシン類精密暴露調査を行い、焼却施設周辺地区と対照地区での総暴露量を推定するとともに、血液中のダイオキシン類量を測定した。
 その結果、環境調査では焼却施設周辺地区が対照地区に比べ高い項目があったものの、食事、個人総暴露量及び血液濃度では地区間の明確な差は認められなかった。
 また、平成11年度以降の経年変化については、埼玉県地域の大気及び室内空気で減少傾向が認められたが、食事、個人総暴露量及び血液濃度では年度間の明確な差は認められなかった。

詳しくはこちら
(本文)

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課環境リスク評価室
室   長:鈴木 幸雄(内線6340)
 室長補佐:武井 貞治(内線6343)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ