報道発表資料

平成14年3月26日
廃棄物
この記事を印刷

中央環境審議会答申「使用済自動車の再資源化等に関する法律案について」

 自動車リサイクルについては、中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会及び自動車リサイクル専門委員会において、昨年5月から検討されてきたところですが、3月15日付けで環境大臣から中央環境審議会会長(森嶌昭夫((財)地球環境戦略研究機関理事長))に対し諮問されていた「使用済自動車の再資源化等に関する法律案について」に関し、3月22日(金)に開催された中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会(部会長:花嶋正孝(福岡県リサイクル総合研究センター長))において審議が行われ、その報告を踏まえて、本日、中央環境審議会会長から環境大臣に対して別紙の内容の答申がなされました。
 環境省としては、本答申を踏まえ、経済産業省と共同で今通常国会に法案を提出することとしています。


(別紙:使用済自動車の再資源化等に関する法律案について)

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課自動車リサイクル対策室
室   長: 坂川   勉(6838)
 室長補佐: 土居健太郎(6833)
 担   当: 馬場  康弘(6836)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ