報道発表資料

平成13年12月18日
水・土壌 大気環境
この記事を印刷

平成12年度ダイオキシン類対策特別措置法施行状況について

環境省は、都道府県及び政令市(計86自治体)からの報告に基づき、平成12
年1月15日の法施行から平成13年3月31日までの間を対象に、ダイオキシン類
対策特別措置法の施行状況等を取りまとめた。 
  1. 特定施設数(平成13年3月31日現在)
    大気基準適用施設  :  19,688施設 (事業場数  15,390)
    水質基準対象施設  : 4,255施設 (事業場数  2,384)
       *水質基準適用事業場
     
  2. 規制事務実施状況(平成12年1月15日〜平成13年3月31日)
    立入検査件数  :  18,894(大気基準適用施設)  2,253(水質基準適用事業場)
    指導件数  :  15,598(大気基準適用施設)    887(水質基準適用事業場)
    命令件数  :       2(大気基準適用施設)      0(水質基準適用事業場)
     
  3. 自主測定結果報告状況(平成12年1月15日〜平成13年3月31日)
    大気基準適用施設からの報告件数  :  13,637
    水質基準適用事業場からの報告件数  : 840
     
  4. 土壌汚染対策の状況(平成12年1月15日〜平成13年3月31日)
    対策地域の指定  :   無
    対策計画の策定  :   無
本文はこちら
[PDFファイル 113KB]

平成12年度ダイオキシン類対策特別措置法施行状況
[PDFファイル 124KB]

連絡先
環境省環境管理局総務課ダイオキシン対策室
室長 関 荘一郎(内6532)
 補佐 土屋 雅子(内6579)

環境省環境管理局水環境部水環境管理課
課長 仁井 正夫(内6630)
 補佐 足立 晃一(内6637)

環境省環境管理局水環境部土壌環境課
課長 伊藤  洋(内6650)
 補佐 瀬川 雅裕(内6653)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ