報道発表資料

平成13年4月11日
自然環境
この記事を印刷

第2回「生物多様性国家戦略懇談会」の議事要旨について

「生物多様性国家戦略懇談会」(生物多様性国家戦略(平成7年10月策定)見直しのために設けたもの)第2回会合の議事要旨をお知らせします。
  1. 懇談会の概要

    (出席者及び傍聴者約80名−環境省、各省、NGO、マスコミ等)
     平成7年10月に策定した生物多様性国家戦略の見直しに向けて開催した第2回「生物多様性国家戦略懇談会」の議事要旨(速報)を別添のとおり取りまとめましたので、お知らせします。
     今回は、国立公園、鳥獣保護区等の保護地域制度と、シカ、サル、猛禽類等の生息実態など自然環境特性について、日光におけるケーススタディも交え、議論がなされました。

    (1) 生物多様性国家戦略懇談会出席者
    大 島 康 行  (財)自然環境研究センター理事長
    小 野 勇 一  九州大学名誉教授
    篠 原 修  東京大学工学系研究科教授
    星 野 進 保  総合研究開発機構特別研究員
    鷲谷 いづみ  東京大学農学生命科学研究科教授
    (浅 野 直 人  福岡大学法学部長 欠席)
    <ゲストコメンテーター>
    ・遠藤 孝一  (財)日本野鳥の会栃木県支部副支部長
    ・小金澤正昭  宇都宮大学農学部教授
     
    (2) 第2回懇談会開催経緯
    日 時 :  平成13年4月10日(火) 14:00〜17:00
    場 所 :  東海大学校友会館「望星の間」
     東京都千代田区霞が関3-2-5霞ヶ関ビル33F
     
  2. 議事要旨等の公開

    議事要旨等は、環境省HP(http://www.env.go.jp/nature/index.html及び生物多様性センターHP(http://www.biodic.go.jp/nbsap.htmlでもご覧いただけます。

     
  3. 次回懇談会 5月21日(月)午後開催予定
    (参考) ・第1回懇談会は、平成13年3月5日(月)に開催いたしました。
      ・懇談会は、夏までに計6回程度開催する予定。
     

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
課  長 小野寺 浩(内線 6430)
 企画官 渡辺 綱男(内線 6490)
 補  佐 植田 明浩(内線 6480)

ページ先頭へ