報道発表資料

平成13年4月3日
地球環境
この記事を印刷

熊谷環境大臣政務官の訪米について

4月4日(水)〜8日(日)にかけて、熊谷市雄環境大臣政務官は、気候変動枠組条約京都議定書を巡る問題につき、米政府関係者等と会見し、働きかけを行うため、ワシントンD.C.(米国)へ出張する。
1. 出張日時  平成13年4月4日(水)〜8日(日)
 
2. 出張先  ワシントンD.C.(米国)
 
3. 出張目的  先般、米国政府が京都議定書を支持しないとの立場を表明したことを受け、我が国の懸念を伝えるとともに、米国が第6回締約国会議の再開会合をはじめとする交渉に引き続き前向きに参加し、京都議定書の発効に向けて我が国とともに積極的に合意を模索するよう求める予定。
 今回、熊谷環境大臣政務官は、本日(3日)朝の閣議後に行われた関係閣僚による協議の結果、政府が一体となって対応することで一致したことを踏まえ、これらの関係省庁の参加者とともに訪米する。また、同じ日程で訪米する与党三党の議員とともに、政府・与党代表団として、米国内の各方面に働きかけを行う予定。
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
課 長:竹内 恒夫(6770)
 温暖化国際対策室
 室 長:高橋 康夫(6772)

ページ先頭へ