報道発表資料

平成26年11月27日
地球環境
この記事を印刷

平成26年度「地球温暖化防止月間」における取組について(お知らせ)

 環境省では、平成9年12月に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)を契機として、翌年の平成10年度から、毎年12月を「地球温暖化防止月間」と定め、国民、事業者、行政が一体となって様々な取組を行うことにより、地球温暖化防止を図ることとしています。
 本年においても全国各地で様々な地球温暖化防止のための取組が催されますのでお知らせします。

1.月間趣旨

多くの人々が地球温暖化防止のための行動を起こすきっかけとなるよう、国民、事業者、行政の各主体が一体となって「地球温暖化防止月間」に様々な取組を行います。

2.地球温暖化防止月間における取組の概要

(1)環境省が実施するもの

○地球温暖化防止活動環境大臣表彰

地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるために表彰を行います。

  • 開催日時:12月3日(水)13:00~14:00 表彰式
  • 開催場所:イイノホール&カンファレンスセンター
    (東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F~6F TEL 03-3506-3251)

○「WARM BIZ」(ウォームビズ)等の推進

エネルギー全般の使い方を見直し、暖房時の室温20℃でも心地良く過ごすことのできる低炭素型のビジネススタイル・ライフスタイル「ウォームビズ」を推進しています。今年度のテーマは「ウォームビズ・プラス・ワン」。これまでの「ウォームビズ」の取組に更にもう一つ、温かく、快適に過ごすためのアイテム等をプラスするよう訴求しています。

また、今年度もみんなで暖かいところに集まったり、家庭の暖房を止めて、街に出かけることでエネルギー消費を削減しながら、街を元気にしたり、家族や仲間の仲が深まる「ウォームシェア」を呼び掛けています。

ウォームビズロゴマーク

(ウォームビズ・プラス・ワンロゴマーク)

暖房消して温かいところに集まろう

(ウォームシェアロゴマーク)

(2)地方公共団体等が実施するもの

  • 北海道あったまろうキャンペーン(北海道)
  • せんだいE-Action伊達な節電所キャンペーン(仙台市)
  • 冬のライフスタイルキャンペーン(冬バージョン)(さいたま市)
  • いしかわエコデザイン賞表彰式と受賞製品展示会の開催(石川県)
  • 「大阪省エネラベルキャンペーン」2014年秋冬のキャンペーン(大阪府)
  • アロマキャンドルづくり~食用油をリサイクル~(NPO法人ASUの会)
  • ライトダウンキャンペーン(山口県)
  • 平成26年度かがわ緑のカーテンコンテスト表彰式(香川県)
  • 冬の省エネ大作戦-まちなか暖ラン(北九州市)
  • 環境子どもサミット(鹿児島市)

ほか

(3)地球温暖化防止活動推進センター等が実施するもの

  • 夢灯りキャンドルナイト
    (岩手県地球温暖化防止活動推進センター)
  • かわさき環境フォーラム
    (川崎市地球温暖化防止活動推進センター)
  • 出前授業in串間市立笠祗小学校
    (宮崎県地球温暖化防止活動推進員センター)

ほか

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
平成26年11月27日(木)
環境省地球環境局地球温暖化対策課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8249)
課長  :土居 健太郎(内:6736)
課長補佐:岩山 政史 (内:6755)
担当  :髙津 奈保 (内:6776)
    :安部 加奈子(内:6776)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ