報道発表資料

平成26年11月14日
大臣官房
この記事を印刷

福島県浪江町・川俣町・飯舘村の作付け試験米の中央合同庁舎第5号館の食堂での使用について

 環境省では、福島県浪江町・川俣町・飯舘村の除染後の水田において、今年の作付け試験で収穫され、検査の結果、安全性が確認出来たお米を中央合同庁舎第5号館の職員食堂等で提供します。

1.実施日 

平成26年11月19日(水) ~ 無くなり次第終了

2.実施場所

中央合同庁舎第5号館 地下1階 大食堂 

           地下1階 そば・うどん 日豊庵

           26階  レストラン ニコラスハウス

3.今回提供されるお米について

(1)福島県浪江町、川俣町、飯舘村のご協力頂いた農家の水田における除染や吸収抑制対策については以下の通り。

◯浪江町:除染や吸収抑制対策は環境省が実施し(平成25年度~)、作付け試験は農林水産省委託プロジェクト研究「農地等の放射性物質の除去・低減技術の開発」にて実施(平成26年度)。

◯川俣町・飯舘村:除染や吸収抑制対策および作付け試験は、農林水産省委託プロジェクト研究「農地等の放射性物質の除去・低減技術の開発」にて実施(平成24~26年度)。

(2)福島県が行う米の検査方法と同様、最新のベルトコンベア式放射性セシウム濃度検査機器を使用した全量全袋検査を実施し、食品衛生法の定める基準値(1kgあたり100ベクレル)以下であることを確認(全量検出限界(1kgあたり25ベクレル)未満)。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局総務課除染渉外広報室
代 表:03-3581-3351
室 長:筒井 誠二(内線7505)
補 佐:愛宕 通隆(内線7613)
係 長:小森 清志(内線7507)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ