報道発表資料

平成26年11月4日
地球環境
この記事を印刷

「アジア低炭素発展に向けた企業セミナー」及び「アジアにおける低炭素都市形成セミナー」の開催結果について(お知らせ)

 環境省は、10月29日にパシフィコ横浜において、「アジア低炭素発展に向けた企業セミナー」及び「アジアにおける低炭素都市形成セミナー」を開催しました。
 本セミナーには、企業、自治体、コンサルタント等約170名が参加し、二国間クレジット制度(JCM)などを活用したアジアにおける低炭素都市の形成に向けた取組の実例や課題等について活発な議論が行われました。

1.概要

 環境省は、二国間クレジット制度(JCM: Joint Crediting Mechanism)等を活用したアジア地域の都市の低炭素化に向けた取組の推進や今後の各主体の連携のあり方等について議論を行うため、平成26年10月29日にパシフィコ横浜において、「アジア低炭素発展に向けた企業セミナー」(10:00~12:00)及び「アジアにおける低炭素都市形成セミナー」(13:30~17:00)を開催しました。

2.会議概要

(1)「アジア低炭素発展に向けた企業セミナー」

 JCMを活用し、実際にアジアの都市で低炭素技術の導入を行っている取組例を紹介するとともに、それを支援する企業・自治体・研究者の各プラットフォームの紹介を致しました。また、環境技術導入事業の成功要因や課題等について、講演者によるパネルディスカッションを行いました。(詳細は、http://www.iges.or.jp/jp/sustainable-city/20141029.htmlを御参照下さい。)

(2)「アジアにおける低炭素都市形成セミナー」

 アジア地域の各都市が、経済発展により生活レベルを向上させながらも、低炭素社会・循環型社会・自然共生社会を同時に達成するという"一足飛び"型発展(リープフロッグ型の発展)の実現に向け、(1)JCM大規模案件形成可能性調査業務を実施している国内の自治体から、アジア各国の都市・地域を都市間連携に基づき支援している取組内容を、また(2)国内外の自治体が低炭素化都市実現に向け取り組んでいる行動計画やシナリオ作成等の事例を、紹介しました。さらに、講演者と海外から招聘した各都市の代表者により、JCM制度を含むアジア低炭素都市形成に資する各種支援策の活用や都市間連携に基づいた国内自治体からの支援に対する期待等についてパネルディスカッションを行いました。(詳細は、http://www.iges.or.jp/jp/sustainable-city/20141029_2.htmlを御参照下さい。)

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8248
室  長:木 野 修 宏(内線:6765)   
室長補佐:山 我 哲 平(内線:6764)
担  当:植 松 朋 樹(内線:6708)

ページ先頭へ