報道発表資料

平成26年10月24日
地球環境
この記事を印刷

シンポジウム「カーボン・プライシングの今~世界に広がる炭素価格付けの潮流 」の開催について(お知らせ)

シンポジウム「カーボン・プライシングの今~世界に広がる炭素価格付けの潮流」を開催致します。
なお、参加には事前申込みが必要です。

1.概要

○セミナータイトル:

 「カーボン・プライシングの今~世界に広がる炭素価格付けの潮流」

○内容:

 世界各地域・国の炭素価格付け制度等の政策担当者及び研究者を招聘し、カーボン・プライシングの意義、必要性、具体的な手法や、各国・各地域における制度の国際的な広がり等についてプレゼンしていただくと共に、効果的なカーボン・プライシング制度のあり方や制度設計の留意点、国際的な制度リンク、知見の共有等、今後の展望等について議論をしていただきます。

2. 日程等

 日 時:平成26年11月28日(金) 13:00~17:30(受付開始12:00)

 場 所:TKPガーデンシティ永田町 ホール2A

      (東京都千代田区平河町2-13-12東京平河町ビル)

 主 催:環境省

 参加費:無料

 定 員:200名

3. プログラム

 ※同時通訳あり。

 ※プログラムは変更となる可能性があります。

オープニング

  北村茂男環境副大臣

第一部 基調講演(13:05~)

  Dirk Weinreich氏

    ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子力安全省(BMUB)

    Head of Division, Legal Issues Climate Policy and Energy; Emissions Trading

 休憩

第二部 世界各地域からの報告(14:00~)

 (1)米国からの報告

  Justin Johnson氏

    北東部地域温室効果ガスイニシアティブ(RGGI) Board of Directors

    バーモント州天然資源局 Deputy Secretary

 (2)韓国からの報告

  Hyungsup Lee氏

    韓国環境部Senior Deputy Director, ETS Task Force

 (3)中国からの報告

  Zhang Xin氏

    国家気候変動戦略研究・国際協力センター(NCSC)

    Deputy Director, Professor,CDM Management Center/Carbon Market Department

 休憩

 (4)日本からの報告

  川上 毅氏

    環境省地球環境局市場メカニズム室長

 (5)東京都からの報告

  木村真弘氏

    東京都環境局都市地球環境部総量削減課長

 休憩

第三部 パネルディスカッション(16:15~)

  ファシリテーター

  末吉竹二郎氏

    国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問

クロージング

  梶原成元地球環境局長

4. 参加申込

 本シンポジウムにご参加をご希望の方は、以下のウェブサイトから参加登録を行ってください。なお、会場の都合から参加希望が多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選の結果、参加いただける方には、聴講券を送付しますので、当日御持参ください。ご参加いただけない方には、その旨のご連絡をいたします。

 参加登録ウェブサイト:http://www2.convention.co.jp/carbonpricing2014

 参加申込〆切:11月21日(金)17:00

5. 問い合わせ先

<参加申込みに関する問い合わせ>

 日本コンベンションサービス(株)

 担当:石原、福地

 E-mail:carbonpricing2014@convention.co.jp

<その他シンポジウムに関する問い合わせ、マスコミ関係者の取材申込み>

 (株)三菱総合研究所

 担当:岩田、大野

 TEL:03-6705-6498

 FAX:03-5157-2146

 ※シンポジウム事務局は、(株)三菱総合研究所、日本コンベンションサービス(株)に委託し、実施いたします。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直  通  03-5521-8354      
代  表  03-3581-3351
室  長  川上  毅 (内線7716)
室長補佐 飯野  暁 (内線6737)
担  当  青木  夕夏(内線6769)

ページ先頭へ