報道発表資料

平成26年9月30日
廃棄物
この記事を印刷

平成26年度「3R推進月間」の実施について(お知らせ)

 10月は、循環型社会の形成に向けた取組をより一層推進するリデュース・リユース・リサイクル推進月間(通称:3R推進月間)です。
 環境省では、3R推進月間に「3R推進全国大会」、「環境にやさしい買い物キャンペーン」、「廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組の強化」等を実施しています。

1.3R推進月間の趣旨

 循環型社会を形成する上で、国民一人ひとりの3R(廃棄物等の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル))の推進に関する理解を深め、循環型社会の形成に向けた取組をより一層推進するものです。

<3R推進月間の取組内容>

 URL:http://www.env.go.jp/recycle/circul/3r_gekkan/index.html 

2.3R推進月間における取組

(1)第9回3R推進全国大会

 国民・事業者・行政が一堂に会することによって、循環型社会形成に関するそれぞれの知識や経験に関わる情報を交換する機会及び参加者一人ひとりが自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じ、3Rの推進に関する理解を深め、循環型社会の形成に向けた取組を推進するためのものです。どなたでも無料で参加できます。

 日 時:平成26年10月29日(水)13:15~16:45

 場 所:杜のホールはしもと(相模原市緑区橋本3-28-1ミウィ橋本)

 主 催:環境省・環境省関東地方環境事務所、相模原市、3R活動推進フォーラム

 第1部:式典(循環型社会推進功労者環境大臣表彰、3R促進ポスターコンクール最優秀賞表彰)

 第2部:記念シンポジウム(基調講演、特別講演、特別発表、パネルディスカッション)

 当日の催し:セカンドハーベスト・ジャパンによるフードバンク活動の実施・展示、相模原市市制60周年記念展示など

大会の詳細、参加の申込みは → http://3r-forum.jp/meeting.html

参考:フードバンク活動の実施について

 

(2)3R推進地方大会

 3R推進月間中、各地方環境事務所が主催し、3Rに関して一人ひとりのライフスタイルを見直すきっかけを提供するイベント、優れた取組の紹介などを内容とする大会が開催されます(詳しくは「3R推進月間」URLに記載)。

(3)環境にやさしい買い物キャンペーン

 環境省、経済産業省、3R活動推進フォーラムが全国の都道府県、流通事業者及び小売事業者に呼びかけて「環境にやさしい買い物キャンペーン」を実施し、マイバッグの持参や過剰包装の辞退、簡易包装による購入、環境に配慮した商品の購入など「買い物」における環境に配慮した行動を実践するようお勧めするものです(詳細は「3R推進月間」URLに掲載)。

実施期間:平成26年10月1日(水)~10月31日(金)

参加者(予定):47都道府県及び百貨店、流通事業者等46事業者   

<3R活動推進フォーラム「環境にやさしい買い物キャンペーン」>

http://3r-forum.jp/mybag.html 

3.廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組の強化

 アジア各国の急速な経済成長に伴う資源需要の増大等を背景に、我が国からの循環資源の輸出が急増している一方、脱法的に廃棄物等を海外に輸出しようとする事例や、輸入国で不適正に処理されることにより、環境汚染を引き起こしている事例が指摘されています。

 このような状況を踏まえ、環境省地方環境事務所において、税関との連携・協力の下、期間中は以下の取組を強化し、適正な輸出入の推進に努めます。

・税関による貨物検査への立会い

・事業者から事前相談があった貨物の現物確認

・輸出入関係事業者に対するパンフレット等の配布

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通:03-5521-8336
代表:03-3581-3351
室長:庄子 真憲(内線6831)
課長補佐:高見 晃二(内線6813)
係長:玉井 和仁(内線6891)
担当:加藤 昂紀(内線6891)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ