報道発表資料

平成26年9月1日
総合政策
この記事を印刷

「東北地方ESDプログラムチャレンジプロジェクト2014」よくわかるESDセミナー~東北から全国へESDの実践モデルを発信~開催について(お知らせ)

 環境省では、東日本大震災という大きな自然災害を経験された東北地方における取組を基に、東北発となる新しいESDのプログラムを作成し、東北地方全域へ周知・拡大していくために「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト2014」にチャレンジいただける実践者を募集しています。
 この「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト」について、広く知っていただこうということで、昨年度の「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト」において、受賞された学校・園の事例発表をもとに、「よくわかるESDセミナー」を開催します。

よくわかるESD セミナー ~東北から全国へ ESD の実践モデルを発信~

1.日 時 2014 年10 月12 日(日)14:30~16:30 開場14:00

2.会 場 ソラシティカンファレンスセンター Room C
  東京都千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティ/JR御茶ノ水駅から徒歩約1分)

3.対 象 教育関係者や学生などESD に関心のある皆さま

4.定 員 150 名(事前申込制)

5.参加費 無料

6.内 容
    ●講演「これからの教育に求められるESDの視点」
     麻布大学 生命・環境科学部 教授 / 日本環境教育学会 常務理事 小玉敏也 氏
    ●東北発ESDの実践モデルの発表
     (H25 年度 東北地方ESDプログラムチャレンジプロジェクト受賞事例より)
     ・「野菜から野菜をつくろう」 認定こども園めごたま(山形県)
     ・「自然災害と地域との様々なつながり」 八戸市立 小中野小学校(青森県)
     ・「伝統文化から地域を伝える」 岩手大学教育学部附属小学校(岩手県)
    ●ESDの進め方に関するパネルディスカッション

7.参加申し込み方法
 ・東北地方ESDチャレンジプロジェクト事務局まで郵送・FAX・e-mail にて【1】お名前、【2】ご所属、【3】入場券の送付先をお送りください。
 ※締め切り10 月10 日(金)16:00 まで
 ・お申し込みいただいた方には入場券をお送りいたします(入場券は、当日、受付にて回収いたします)。

8.お問合せ先
<東北地方ESDチャレンジプロジェクト事務局>
 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル((公財)日本生態系協会内)
 TEL 03-5951-0244 FAX 03-5951-2974
 E-mail tohoku_esd@ecosys.or.jp

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課環境教育推進室
直通:03-5521-8231
代表:03-3581-3351
室長:鈴木 義光 内線 (6240)
担当:山口 和宏 内線 (6272)

ページ先頭へ