報道発表資料

平成26年8月28日
自然環境
この記事を印刷

絶滅危惧種の捕獲・採集圧に関する普及啓発チラシ及びポスターの作成について

環境省では、絶滅危惧種の主要な減少要因の一つである捕獲・採集(商業目的や鑑賞目的による乱獲や盗掘)が与える影響が大きいことについて、広く一般の皆様に知っていただくための普及啓発チラシ及びポスターを作成しました。今後、都道府県や関係団体、(公社)日本動物園水族館協会等の協力を得て全国的に配布を行うほか、環境省のホームページ上からダウンロードしてご利用いただけます。

1.概要

環境省では、レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)を作成・公表していますが、最新の第4次レッドリスト(2012)では3,597種が絶滅危惧種として掲載されています。これらの絶滅危惧種の減少要因について、「捕獲・採集」は「開発」に次ぐ大きな要因となっています。

絶滅危惧種については、捕獲・採集圧(商業目的や鑑賞目的の乱獲・盗掘)が以前から問題になっており、数少なくなってしまった種に対して壊滅的な打撃となることもあります。こうした状況を踏まえ、環境省では、捕獲・採集が与える影響の大きさについて広く国民一般向けの普及啓発を目的としたチラシ及びポスターを作成し、都道府県や関係団体等のご協力を得て全国的に配布します。

また、(公社)日本動物園水族館協会には、平成26年5月に締結した「生物多様性保全の推進に関する基本協定書」に基づき、加盟している全国の動物園・水族館での掲示・配布にご協力いただきます。

※なお、生息状況の調査等のため捕獲・採集が必要な場合もあります。また、自然や生きものに親しむことは大切であり、一概に昆虫採集等を否定するものではありません。

2.配布先、枚数

 (1)配布先 都道府県、ビジターセンター等施設、(公社)日本動物園水族館協会 等

 (2)枚数 A4版チラシ:6万部、A2版ポスター:1200部

 (3)入手方法

   電子媒体(PDF版)を下記URLに一般公開しています。また紙媒体をご希望の方は電話にて担当までお問い合わせ下さい。

    URL http://www.env.go.jp/nature/yasei/rd_p/index.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室
直通 : 03 - 5521 - 8283
室長   : 安田 直人 (6677)
室長補佐 : 加藤 麻理子(6464)
係員   : 鎌田 憲太郎 (6469)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ