報道発表資料

平成26年8月21日
総合政策
この記事を印刷

(仮称)道北北西部風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

環境省は、21日、北海道で計画されている「(仮称)道北北西部風力発電事業に係る計画段階環境配慮書」(株式会社道北エナジー)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
本事業は、北海道稚内市及び豊富町において、1事業当たり総出力80,000kWの風力発電設備を5事業程度実施するものである。
環境大臣意見では、対象事業実施区域の設定に当たっては、環境影響の重大性を比較して区域の絞り込みの経緯を明らかにすること、環境保全上重要な区域は除外すること、また風力発電設備等の配置等に当たっては、本配慮書で確認された全ての動植物を対象に調査、予測及び評価を行うこと、鳥獣保護区における渡りへの影響について調査、予測及び評価すること等を求めている。

1.背景
  環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、提出された計画段階環境配慮書(※)について、経済産業大臣からの照会に対して意見を言うことができるとされている。
 今後、経済産業大臣から事業者である株式会社道北エナジーに対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要
 本事業は、北海道稚内市及び豊富町において、1事業当たり総出力80,000kWの風力発電設備を5事業程度実施するものである。
 事業実施想定区域には、兜沼鳥獣保護区等の自然環境上重要な地域、土地利用が規制されている区域等が含まれる。また、事業実施想定区域の周辺では、オジロワシ、オオワシ等の猛禽類等の重要な動物の生息や重要な植物の生育が確認されている。また、本事業者又は他事業者による複数の風力発電所が設置済、建設中又は環境影響評価手続中である。

3.環境大臣意見の概要
(1) 対象事業実施区域の設定
  1) 設定する対象事業実施区域及び事業実施想定区域(設定する対象事業実施区域を除く。)について、事業実施想定区域からの絞り込みの検討経緯を明確にし、比較すること。その際には、動植物に係る入手可能な最新の文献等を追加的に把握し、専門家等の助言を聴取した上で環境影響の重大性の評価をすること。

  2)以下の区域については対象事業実施区域から除外するとともに、可能な限り距離を確保すること。
   [1]市街地
   [2]兜沼鳥獣保護区
   [3]IBA等の重要野鳥生息地

 また、以下の区域については対象事業実施区域から極力除外するよう検討すること。
   [1]重要な地形及び地質(サロベツ湿原)
   [2]特定植物群落
   [3]海浜植物群落
   [4]自然環境保全基礎調査の現存植生図における植生区分が「自然植生」となっている区域
   [5]兜沼公園等の人と自然との触れ合いの活動の場

(2)各論
  1)騒音等について
 学校等及び住居への騒音について調査、予測及び評価し、その結果を踏まえ、学校等及び住居への影響を回避・低減すること。

  2)鳥類について
   [1]重要な鳥類及び渡りへの影響について、専門家等の助言を踏まえ、調査、予測及び評価すること。その結果を踏まえ、重要な鳥類への影響の回避・低減を図ること。
   [2]調査に当たっては、対象事業実施区域の範囲にかかわらず、本配慮書及び追加の文献調査で確認された全ての重要な鳥類を対象とすること。
   [3]猛禽類の調査、予測及び評価に当たっては、猛禽類保護の進め方(改訂版)の考え方も踏まえて行うこと。
   [4]本事業による兜沼鳥獣保護区における渡りへの影響について調査、予測及び評価を行い、当該保護区における渡りへの影響を回避・低減すること。

  3)動物(鳥類を除く。)について
   [1]重要な動物種への影響について、専門家等の助言を踏まえ、調査、予測及び評価し、その結果を踏まえ、重要な動物種の生息地の改変を回避又は極力低減すること。
   [2]調査に当たっては、対象事業実施区域の範囲にかかわらず、本配慮書及び追加の文献調査で確認された全ての重要な動物種について対象とすること。
   [3]重要な水生生物について、調査、予測及び評価し、その結果を踏まえ、工事実施時に可能な限り土工量を抑制し、かつ、土砂の流出等を最小限に抑えることにより、重要な水生生物への影響を回避・低減するよう配慮すること。

  4)植物について
   [1]重要な植物種及び植物群落への影響について、専門家等の助言を踏まえ、調査、予測及び評価し、その結果を踏まえ、以下を実施すること。
    (イ) 重要な植物種の生育地及び湿地等の脆弱な自然環境の改変を回避するよう配慮すること。
    (ロ) 自然度の高い植生の改変、まとまりのある森林の分断を回避又は極力低減するよう配慮すること。
    (ハ) 取付道路等の附帯施設の設置や、工事に必要な一時的な施設及び地形改変を含む工事全体による地形改変が最小となるよう配慮すること。
   [2]調査に当たっては、対象事業実施区域の範囲にかかわらず、本配慮書及び追加の文献調査で確認された全ての重要な植物種及び植物群落を対象とすること。

  5)生態系について
 事業計画の検討に当たっては、大規模な地形の改変や新たな尾根部の森林の伐開を回避又は極力低減し、新たに生じる切土・盛土や林縁部分が最小限となるようにすること。

  6)風車の影について
 風車の影の影響について、調査、予測及び評価し、その結果を踏まえ、学校等及び住居から可能な限り距離を確保すること。

  7)景観について
 景観への影響について、専門家等の助言を踏まえ、調査、予測及び評価し、その結果を踏まえ、重大な環境影響が生じる地点を回避すること。特に、事業実施想定区域に隣接する利尻礼文サロベツ国立公園からの景観に十分に配慮すること。

  8)人と自然との触れ合いの活動の場について
 人と自然との触れ合いの活動の場への影響について、調査、予測及び評価を行い、当該活動の場の設置目的の資質を低下させないようにすること。

(3)その他
  1)環境保全措置の検討
 環境保全措置の検討に当たっては、環境影響の回避・低減を優先的に検討し、代償措置を優先的に検討することがないようにすること。

  2)累積的な影響
 風力発電設備等のうち本事業との累積的な環境影響が想定されるものについては、明らかになっている情報を踏まえ本事業との累積的な環境影響について予測及び評価をすること。

  3)方法書以降の環境影響評価図書の作成
 本配慮書においては5事業程度の第一種事業の実施が想定されているところ、方法書以降の環境影響評価図書を作成する場合には、いずれの図書においても、本配慮書の内容を踏まえるとともに、本環境大臣意見を勘案した経済産業大臣意見が述べられたときにはこれを勘案すること。

  4)調査、予測及び評価に当たっては、客観的かつ科学的に検討すること。

【参考】

○事業概要
・名  称:(仮称)道北北西部風力発電事業
・事 業者:株式会社道北エナジー
・計画位置:北海道稚内市及び豊富町(事業実施想定区域面積:約100km2)      
・出  力:1事業当たり最大80,000kW(2,000~3,200kW級発電設備を設置)

○環境影響評価に係る手続
・平成26年 7月 7日  経済産業大臣から環境大臣への意見照会
・平成26年 8月 21日  環境大臣意見の提出

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8237)
室  長:神 谷 洋一(内6231)
室長補佐:長谷川 敬洋(内6233)
係  長:中 村  祥(内6234)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ