報道発表資料

平成26年8月21日
総合政策
この記事を印刷

(仮称)新苫前風力発電事業計画段階環境配慮書 に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

 環境省は、21日、北海道で計画されている「(仮称)新苫前風力発電事業計画段階環境配慮書」(株式会社ユーラスエナジーホールディングス)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、北海道苫前郡苫前町において、現在既に供用している総出力20,000kWの既設の風力発電設備を、同出力の風力発電施設に建て替えるものである。
 環境大臣意見では、新たな風力発電機の配置や既存風力発電機の撤去等に当たっては、バードストライクのリスクの回避・低減を図ること、回復が困難な湿地等の環境、自然植生地やまとまりのある森林の改変や分断を回避・低減するよう配慮すること等を求めている。

1.背景
 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、提出された計画段階環境配慮書(※)について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができるとされている。
 今後、経済産業大臣から事業者である株式会社ユーラスエナジーホールディングスに対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。
※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要
 本事業は、北海道苫前郡苫前町において、現在既に供用している総出力20,000kWの既設の風力発電設備を、同出力の風力発電施設に建て替えるものである。事業実施想定区域及びその周辺は、道内でもバードストライクが多く確認されている地域である。また、事業実施想定区域の南部には広葉樹二次林等がまとまって残存している。

3.環境大臣意見の概要
【1】対象事業実施区域の設定について
(1) 対象事業実施区域の設定に当たっては、既存施設のある事業実施想定区域の北部区域と、南部区域のそれぞれについて、地形の改変量、湿地や河川等の脆弱で回復が困難な自然環境等の改変面積及び環境影響の程度について比較を行うこと。
(2) 海岸段丘斜面や谷地形等の工事の実施により大きな地形改変が生ずることが明らかな箇所については、対象事業実施区域から極力除外するよう検討すること。
(3) オジロワシをはじめとする希少猛禽類の飛翔頻度が高いと予想され、風力発電設備への衝突が強く懸念される区域については、対象事業実施区域から除外するよう検討すること。

【2】各論
(1)希少猛禽類に対する影響
 1) 新たな風力発電設備の配置・構造又は位置・規模(以下「配置等」という。)及び既存設備の撤去の検討に当たっては、過去のオジロワシの衝突事故の例や現地調査結果等を踏まえ、希少猛禽類の風力発電設備への衝突事故が回避又は極力低減されるものとすること。
 2) 現地調査に当たっては、海ワシ類の渡来・渡去経路、飛翔頻度が高い場所等や、オジロワシの営巣地及びつがいの行動範囲も含めた調査を実施し、これらを踏まえ環境影響の予測・評価を行うこと。特にオジロワシの繁殖調査については、少なくとも2営巣期の調査を実施すること。
 3) 既存施設での既往の措置や専門家等の助言を踏まえ、適切な環境保全措置を検討すること。
 4) 対象事業実施区域を事業実施想定区域の南部区域も含めて設定する場合は、オオタカ等の猛禽類についても現地調査を実施して予測及び評価を行い、専門家等の助言を踏まえ、適切な環境保全措置を検討すること。

(2)生態系に対する影響
 1) 新たな風力発電設備の配置等の検討に当たっては、大幅な地形改変、脆弱な自然環境を回避するよう配慮すること。
 2) 自然度の高い植生の改変、まとまりのある森林の分断を回避又は極力低減するよう配慮すること。
 3) 工事全体による地形改変が最小となるよう配慮すること。

(3)騒音及び風車の影の影響
 新たな風力発電設備の配置等の検討に当たっては、既存設備との累積的な影響についても考慮の上、住居地域への騒音及び風車の影に係る環境影響を回避又は低減するよう配慮すること。

【参考】

○事業概要
・名  称:(仮称)新苫前風力発電事業
・事 業 者:株式会社ユーラスエナジーホールディングス
・計画位置:北海道苫前群苫前町(事業実施想定区域面積:約420 ha)      
・出  力:合計20,000kW(既存施設(1,000kW級発電設備×20基)の建替え
○環境影響評価に係る手続
・平成26年 7月 7日  経済産業大臣から環境大臣への意見照会
・平成26年 8月 21日  環境大臣意見の提出

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8237)
室  長:神谷 洋一(内6231)
室長補佐:長谷川敬洋(内6233)
審 査 官:田中  準 (内6248)
担  当:具志堅洋介(内6232)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ