報道発表資料

平成26年8月28日
廃棄物
この記事を印刷

平成26年度我が国循環産業の国際展開に資するCO2削減技術効果検証業務の対象事業の選定結果について(お知らせ)

「平成26年度我が国循環産業の国際展開に資するCO2削減技術効果検証業務」について、5件の応募があり、厳正な審査の結果、対象事業3件を選定しましたのでお知らせします。

1.「我が国循環産業の国際展開に資するCO2削減技術効果検証業務」について

 環境省では平成23年度より「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」を開始し、循環産業の育成・海外展開促進に取り組んできました。平成25年度からは「我が国循環産業の戦略的国際展開・育成事業」と名を改め、今まで実施してきた廃棄物適正処理に係る二国間協力や都市間協力と有機的に結びつけ、我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして循環産業の海外展開を積極的に促進しています。一方で、アジア太平洋地域において廃棄物対策への注目が高まっているほか、地球温暖化対策として廃棄物処理に係る協力への世界的な要望が高まっています。

 「我が国循環産業の国際展開に資するCO2削減技術効果検証業務」では、CO2の排出抑制とともに、廃棄物処理問題等の環境汚染対策にも資する廃棄物処理・リサイクル技術を有する循環産業の国際展開を促進するために技術確立に必要な実証研究を実施するため、平成26年度における業務を公募いたしました。

2 平成26年5月19日から平成26年6月20日まで、本事業の対象事業を公募したところ、5件の応募がありました。これらの中から、有識者で構成された「対象事業選定・評価専門家会合」による審査を行い、別紙のとおり対象事業3件を選定しました。

添付資料

連絡先
環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通:03-5521-8336
代表:03-3581-3351
企画官 :富坂 隆史 (内線 6898)
室長補佐:山田 浩司 (内線 6814)
担  当:林 優里  (内線 6892)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ