報道発表資料

平成26年6月10日
大臣官房
この記事を印刷

「エコ・ファースト」認定式(第13回)兼平成26年度 エコ・ファースト制度に基づくフォローアップ報告会(第1弾)

平成26年6月18日(水)に、「エコ・ファースト」認定式(第13回)兼平成26年度 エコ・ファースト制度に基づくフォローアップ報告会(第1弾)を行いますので、お知らせします。

 環境省では、企業が環境大臣に対し自らの環境保全に関する取組を約束し、環境大臣が当該企業を業界における環境トップランナー企業と認定する「エコ・ファースト制度」を実施しています。企業の各業界における環境トップランナーとしての取組を促進することを目的としています。

 「エコ・ファースト制度」は、平成20年4月から始まり、様々な業界を代表する企業が環境大臣と環境保全に関する取組の約束を行っています。現在のエコ・ファースト認定企業は40社です。

(詳しくは環境省ホームページ http://www.env.go.jp/guide/info/eco-first/index.html をご参照下さい)

 環境省では、今後も定期的に約束の見直しやフォローアップの場を設け、エコ・ファースト企業の連携を一層強めて、持続可能な社会の形成に向けて協働していきます。

「エコ・ファースト」認定式(第13回)兼

平成26年度 エコ・ファースト制度に基づくフォローアップ報告会(第1弾)

【日時】平成26年6月18日(水) 14:30~15:30

【場所】環境省省議室(合同庁舎5号館24階日比谷公園側)

【参加者(予定)】

≪環境省≫ 北川環境副大臣、谷津環境事務次官 他

≪認定及びフォローアップ対象企業≫

  1. ユニー株式会社
  2. ライオン株式会社
  3. 株式会社滋賀銀行
  4. リマテック株式会社
  5. 東京海上日動火災保険株式会社
  6. 株式会社クボタ
  7. 辻・本郷税理士法人
  8. 株式会社エフピコ

≪オブザーバー≫ その他の認定企業、エコ・ファースト推進協議会事務局

【概要】

・対象企業8社から、これまでの約束の取組状況報告、新たな約束の手交

・北川環境副大臣と対象企業8社代表との意見交換

【ポイント】

(1) 今回の認定は、既存の認定企業のうち、平成24年度を目標期限としてエコ・ファーストの取組を約束していた企業等8社が、今後の新たな取組を約束し、再認定を受けるものです。

※ 環境省では、社会環境の変化等を踏まえ、平成22年度及び平成24年度に認定基準を強化しました。 今回の対象企業8社は、認定基準の強化や社会的な要請に応え、新基準に沿って約束を見直し、自らの行動レベルを更に高めていくことになります。

(2) 当日は、現行の約束に掲げられた目標の達成状況を各社が報告します。平成24年度時点の各社の温室効果ガス排出量削減状況や廃棄物・リサイクル対策の実施状況が定量的に示されます

 【取材要領】

取材を希望される報道関係者につきましては、6月16日(月)正午までに、電子メール(FAX不可)にて、件名に「【取材希望】第13回認定式兼H26年度FU報告会(1)」と明記し、住所・氏名・会社名・電話番号・電子メールアドレス・カメラ撮り御希望の有無を御記入の上、下記までお申し込みください。

お申し込み後、当課から取材要領の詳細について開催日までに連絡いたします。

≪お申し込み先≫

環境省大臣官房政策評価広報課 エコ・ファースト制度担当

 E-mail: ecofirst@env.go.jp

以上

添付資料

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8326
課長:  瀬川 俊郎(内線 6051)
課長補佐:海老原孝幸 (内線 6056)
係長:  中村  南(内線 6057)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ