報道発表資料

平成26年5月23日
自然環境
この記事を印刷

アンケート調査による生物多様性の経済的価値の評価(CVM)の結果について

環境省では、過去に失われた干潟を再生することの経済的な価値、ツシマヤマネコの生息数を回復させることの経済的な価値について、アンケート調査による評価(CVM)を、平成25年度に実施しましたので、その結果についてお知らせします。

1.背景・経緯

・2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で、TEEB(生態系と生物多様性の経済学)の最終報告書が公表されるなど、生物多様性や生態系サービスの価値を経済的に評価することの重要性が注目されている。

・様々な主体が生物多様性及び生態系サービスの価値を認識し、その保全や利用に際して適切な意思決定が行われることを促進するため、環境省においても経済価値評価の検討を進めている。

・平成25年度は、アンケート調査による評価手法を用いて、過去に失われた干潟を再生することの経済的価値、ツシマヤマネコの生息数を回復させることの経済的価値を算出した。



2.評価対象

平成25年度は下記の対象について評価を実施。

■過去に失われた干潟を再生することの経済的な価値

愛知目標(※1)に基づき、1978年から2010年までに国内で失われた干潟面積の15%にあたる約1,400haを2020年までに回復させることについて、1世帯あたりの年間の支払意思額を確認。

■ツシマヤマネコの生息数を回復させることの経済的な価値

ツシマヤマネコの保護増殖の取組を進めることにより、20年後までに野生のツシマヤマネコの生息数を1980年代の推定生息数(※2)である約140頭にまで回復(現在よりも約40頭増加)させることについて、1世帯あたりの年間の支払意思額を確認。

※1...COP10で採択された生物多様性に関する世界目標。2020年を主な目標年としている。

※2...推定生息数に関する詳細は関連webページの「ツシマヤマネコ生息状況等調査(第四次特別調査)」を参照



3.評価手法

・WEBアンケートを用いたCVMにより評価。

・CVMでは、不適切なシナリオ設定や回答者がシナリオを正しく理解できていない場合などには調査結果にバイアスが生じ、正しく評価されない場合があるため、今回の評価は、可能な限りこうしたバイアスが生じないよう有識者による検討を経て実施した。

※CVM(Contingent Valuation Method:仮想評価法)

アンケート調査等により支払い意思を聞き取ることにより、対象とする環境の持っている価値を評価する手法。回答者に環境改善のシナリオを示し、そのシナリオを実現することに対する支払意思を確認する。



4.評価結果

支払意思額に評価範囲(受益範囲)である全国の世帯数(51,950,504世帯)を乗じて評価額を算出。

評価対象

有効回答数※1/回答数

支払意思額
(1世帯あたり年間※2

評価額(年間)

過去に失われた干潟を再生することの経済的な価値

873/1,040

中央値※3

2,916円

約1,515億円

平均値※4

4,431円

約2,302億円

ツシマヤマネコの生息数を回復させることの経済的な価値

801/1,040

中央値

1,015円

約527億円

平均値

2,790円

約1,449億円

※1 有効回答数は、抵抗回答、温情効果回答、回答時間が明らかに短かった回答を除いた回答数

※2 アンケートでは一世帯あたり数年間(干潟は7年間、ツシマヤマネコは10年間)継続して支払うものとして質問した結果

※3 統計的にYESとNOの回答が半々となる値。政策を実行する際に過半数の支持が得られるかどうかの境界値

※4 統計的に算出した支払意思額の平均値



5.評価結果に関する留意事項

・今回の結果は、仮想的なシナリオを設定し、そのシナリオを実現することの価値を評価したものであり、干潟やツシマヤマネコそのものの価値を評価したものではない。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
直  通:03-5521-9108
代  表:03-3581-3351
室  長:堀上 勝(内線6660)
室長補佐:笹渕 紘平(内線6665)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ