報道発表資料

平成26年7月10日
水・土壌
この記事を印刷

「瀬戸内海環境保全基本計画」の変更案に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく、瀬戸内海の環境の保全に関する基本となるべき計画(以下「瀬戸内海環境保全基本計画」という。)の変更案について、広く国民の皆様からの意見をお聴きするため、平成26年7月10日(木)から平成26年8月8日(金)まで意見を募集(パブリックコメント)いたします。

1.瀬戸内海環境保全基本計画について
 瀬戸内海環境保全基本計画は、瀬戸内海環境保全特別措置法第3条に基づき、政府が策定することとなっている、瀬戸内海の環境の保全上有効な施策の実施を推進するための基本的な計画です。
 瀬戸内海環境保全基本計画は、昭和53年に閣議決定により策定され、以降、平成6年に一部変更、平成12年に全部変更が行われています。

2.瀬戸内海環境保全基本計画の変更案について
 前回の変更から10年以上が経過し、生物多様性の向上等の新たな課題が出てきたことから、中央環境審議会において、平成24年10月に「瀬戸内海における今後の目指すべき将来像と環境保全・再生の在り方について」の答申が出されました。
 平成25年4月、中央環境審議会に瀬戸内海環境保全小委員会が設置され、以降、平成24年10月の答申を踏まえ、瀬戸内海環境保全基本計画の変更について審議を行っているところです。
 変更案については、下記添付資料(【意見募集対象】瀬戸内海環境保全基本計画 変更案)をご確認ください。
(主な変更ポイントは、別添1をご覧ください。)

3.今後の予定
 パブリックコメントの実施後、閣議決定を経て瀬戸内海環境保全基本計画を変更する予定です。

4.意見提出
 募集期間:平成26年7月10日(木)から平成26年8月8日(金)
 提出方法:意見募集要項(別添2)による

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
直通:03-5521-8319
代表:03-3581-3351
 室   長:名倉 良雄(6502)
 室長補佐:石川 拓哉(6503)
 担   当:富田 晃生(6508)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ