報道発表資料

平成26年5月1日
総合政策
この記事を印刷

都市計画道路 阿久根薩摩川内線に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

 環境省は、1日、鹿児島県阿久根市及び薩摩川内市において実施予定の「都市計画道路 阿久根薩摩川内線」に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見を国土交通大臣に提出した。
 本事業は、南九州西回り自動車道の一環として、一般国道3号及び肥薩おれんじ鉄道と並行して約18kmの自動車専用道路を設置するものである。対象事業実施区域内及びその周辺には、重要な鳥類(猛禽類)の生息等が確認されている区域が含まれている。
 環境大臣意見では、環境保全措置の具体化に当たっての検討について透明性及び客観性を確保した方法で実施すること、重要な鳥類について必要なモニタリング調査を実施し必要があれば適切な措置を講じること等を求めている。

1.背景
 環境影響評価法は、4車線以上・10km以上の一般国道の設置又は改良の工事を対象事業としており、環境大臣は、環境影響評価書(※)について、国土交通大臣等からの照会に対して意見を述べることができるとされている。
 本件は、鹿児島県阿久根市及び同県薩摩川内市の都市計画道路 阿久根薩摩川内線(事業規模:4車線 約18km)に係る環境影響評価書について、この手続きに沿って意見を提出するものである。
 今後、国土交通大臣及び国土交通省九州地方整備局長から都市計画決定権者である鹿児島県に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、都市計画決定権者である鹿児島県は、意見の内容を検討し、必要に応じて見直した上で評価書を確定し、公告縦覧等を行うこととなる。
※環境影響評価書:環境影響評価の結果について記載した準備書に対する意見を踏まえて、必要に応じてその内容を修正した文書。

2.事業の概要
 本事業は、一般国道3号及び肥薩おれんじ鉄道と並行して、南九州西回り自動車道の一部区間 約18kmの自動車専用道路を設置するものである。大部分は盛土・切土構造であり、河川及び鉄道を橋梁で、一部山地をトンネルで通過することとなっている。

3.環境大臣意見の概要
(1)総論
 環境保全措置の具体化に当たっては、その内容を十分に検討すること。また、検討時期等を明らかにするとともに、専門家等の意見、主要な論点やその対応方針等を適切に公表するなど、透明性及び客観性を確保すること。

(2)各論
「1」 騒音について
 建設機械の稼働及び供用中の自動車走行に係る騒音について、環境影響をできる限り回避又は低減するため、環境モニタリングや関係機関の調査結果の活用により状況を把握し、必要があれば、適切な措置を講じること。

「2」 動物について
・野生動物の移動経路の確保について
 環境配慮の効果も期待されるカルバートの設置、侵入防止の対策等の措置については、重要とされた動物種の選好性等を踏まえ、専門家等の意見を十分に聴いた上で、可能な限り、その位置や構造等に反映させること。

・重要な猛禽類の調査について
 重要な猛禽類について、工事前に加え工事中にもモニタリング調査を実施し、必要があれば、専門家等の意見の聴取や工事時期の調整を含めた適切な措置を実施すること。

「3」 温室効果ガスについて
 工事中の排出削減対策及び供用後の省エネ設備の導入等による温室効果ガスの低減に努めるとともに、本事業の供用前後における温室効果ガス排出量の変化の把握を検討すること。また、計画路線に係る都市計画については、地球温暖化対策に係る関係地方公共団体の実行計画と連携して温室効果ガスの排出の抑制等が行われるよう配意すること。

 以上の内容及び予測・評価のために設定した対象事業実施区域の位置を評価書の補正書に適切に記載すること。

【参考】事業概要
・都市計画決定権者:鹿児島県
・事 業 者:国土交通省 九州地方整備局
・事 業 地:鹿児島県阿久根市~薩摩川内市
・事業規模:4車線 約18km

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8237
室長  :瀬川 恵子 (内6231)
室長補佐:長谷川敬洋 (内6233)
審査官 :江口 恒夫 (内6248)
担当  :具志堅洋介 (内6232)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ