報道発表資料

平成26年4月24日
自然環境
この記事を印刷

国際生物多様性の日シンポジウム「つながりと個性を活かした 自然と共生する島づくり」の開催について

毎年5月22日は、国連が定める国際生物多様性の日です。
今年は国際テーマである「島と生物多様性」にちなんで、「つながりと個性を活かした 自然と共生する島づくり」をテーマにシンポジウムを開催し、専門家によるお話とパネルディスカッションを交え、学び考えます。

国際生物多様性の日シンポジウム「つながりと個性を活かした自然と共生する島づくり」

日時:
2014年5月22日(木)14:00-17:00
場所:
国連大学エリザベス・ローズ・ホール
主催:
環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境パートナーシッププラザ (GEOC)
協力:
国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)
基調講演:
慶良間諸島国立公園から見るレジリエントな島づくり
武内 和彦(国連大学上級副学長・中央環境審議会会長)
事例報告:
桜井 泰憲(北海道大学大学院教授)
神田 優(NPO法人黒潮実感センター長)
前里 佐喜二郎(奄美市市民部長)
パネルディスカッション:
つながりと個性を活かした 自然と共生する島づくり(仮称)
コーディネーター:
涌井 史郎(国連生物多様性の10年日本委員会委員長代理)
パネリスト:
武内 和彦(国連大学上級副学長・中央環境審議会会長)
神田 優 (NPO法人黒潮実感センター長)
古瀬 浩史(自然教育研究センター 取締役)
鯨本(いさもと)あつこ(離島経済新聞社 主宰・編集長)
参加申込み

シンポジウムへの参加は無料です。以下のウェブサイトから登録してください。
http://ias.unu.edu/jp/events/upcoming/biodiversity-sympo.html#overview

※ 定員150名になり次第締め切り

参考:国際生物多様性の日について(英語)
http://www.cbd.int/idb/2014/

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
(代表:03-3581-3351)(直通:03-5521-8275)
  室長:  奥田 直久(内:6480)
  室長補佐:植竹 朋子(内:6482)

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS):
  武部、横井(geoc@unu.edu)

ページ先頭へ