報道発表資料

平成26年4月4日
地球環境
この記事を印刷

イラン・イスラム共和国環境庁との環境協力覚書の署名について(お知らせ)

 石原伸晃環境大臣は東京において、来日中のイラン・イスラム共和国のマースメ・エブテカール副大統領兼環境庁長官と会談を行い、「日本国環境省とイラン・イスラム共和国環境庁の間の環境協力に関する協力覚書」に署名しました。
 今後は、本協力文書に基づき、大気汚染、水質汚濁、気候変動等の分野における両国間の環境協力を強化していきます。

1.日時

 平成26年4月2日(水)

2.場所

 環境大臣室

3.協力覚書の概要

 日本とイラン両国の環境分野における相互協力を強化するため、以下をはじめとする分野で対話及び情報交換等を実施する。

[1]
大気汚染
[2]
水質管理
[3]
地球温暖化やオゾン層破壊
[4]
湿地保護等の生物多様性保全
[5]
エコツーリズムの推進

4.協力覚書

 別添参照

添付資料

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8248
室長   :川又 孝太郎 (内線:6765)
室長補佐 :平岡 明  子 (内線:6761)
担当   :大谷 孝  幸 (内線:6723)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ