報道発表資料

平成26年3月27日
地球環境
この記事を印刷

「いぶき」(GOSAT)の観測データを用いた全球の月別メタン収支の 推定結果について (お知らせ)

 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、環境省、(独)国立環境研究所(NIES)及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した、世界初かつ唯一の温室効果ガス観測専用の衛星です。二酸化炭素とメタンの濃度を宇宙から観測することを主目的としており、平成21年1月23日の打上げ以降、現在も順調に観測を続けています。
 今般、メタン濃度の「いぶき」による観測データと、地上観測点における観測データとを用いて、平成21年6月から平成23年5月までの2年間について、全球の月別・地域別の正味のメタン収支(消失と放出の総量)を推定しました。
 衛星観測によるメタン濃度データを活用して全球のメタン収支を定量的に推定するとともに、東南アジア域や、南米及びアフリカの南亜熱帯地域のメタンの放出がよりはっきりするなど、「いぶき」観測濃度データの有用性が明らかになりました。
 地上観測データのみによって推定したメタン収支量に比べて、「いぶき」により得られた観測データを加えることにより、より精度の高い(不確実性の低い)メタン収支量の推定値が得られ、放出量の多い地域と季節が明らかになりました。
 二酸化炭素の吸収排出量に加えてメタンの収支量も精度が高く推計できるようになるなど、「いぶき」のデータは全球炭素循環の研究の進展に貢献し、その結果、気候変動予測の精度が向上し、将来のより効果的な地球温暖化対策の政策立案にも資することが期待されます。
 今般得られたメタン収支量の結果は、国内外の専門分野の研究者による確認ののちに、本年夏までに一般ユーザに公開する予定です。

 

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課
研究調査室 (代表:03-3581-3351)
室長 : 辻原 浩   (内線6730)
補佐 : 野崎 佳宏 (内線6756)
係員 : 橋口 祥治 (内線6756)

(独)国立環境研究所 地球環境研究センター
衛星観測研究室長
横田 達也 (029-850-2550)
物質循環モデリング・解析研究室長
シャミル マクシュートフ (029-850-2212)
物質循環モデリング・解析研究室研究員
齊藤 誠 (029-850-2792)

(独)宇宙航空研究開発機構 第一衛星利用ミッション本部
衛星利用推進センター
中島 正勝 (050-3362-6130)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ