報道発表資料

平成26年2月14日
自然環境
この記事を印刷

全国ガンカモネットワーク交流会(秋田県大潟村)の開催について(お知らせ)

 渡り性水鳥の保全のための国際枠組である「東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(以下、EAAFP)」(別紙1参照)に登録されている国内の渡り性水鳥の重要生息地(別紙3参照)の内、ガンカモ類の重要生息地の自治体を対象に全国ガンカモネットワーク交流会を秋田県大潟村(別紙4参照)で開催します。
 なお、本交流会は開催地及び共催者である大潟村の大潟村創立50周年事業にも位置づけられます。

大潟村創立50周年・全国ガンカモネットワーク交流会
【日時】
平成26年3月1日(土)午後〜2日(日)
【場所】
大潟村干拓博物館(秋田県大潟村)
【主催】
環境省、大潟村
【協力】
大潟村教育委員会、大潟の自然を愛する会、男鹿半島・大潟ジオパーク推進協議会
内容
3月1日(土)午後
開会挨拶
ガンカモ類をめぐる最近の全般的な状況説明
(呉地正行氏:日本雁を保護する会会長・EAAFPガンカモ類作業部会議長)
ワークショップ(自己紹介、各サイトの取組報告と質疑応答、グループ報告)
3月2日(日)午前
早朝ガンの飛び立ち観察会(大潟村主催)(任意参加)
EAAFPに関する説明と最近の動向について
(スパイク・ミリントンEAAFP事務局長)
EAAFP実施戦略と各サイトの取組の関係性の視覚化作業について(環境省)
閉会挨拶
エクスカーション(大潟村主催)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8284
課長  :中島 慶二 (内線 6460)
専門官:荒牧 まりさ (内線 6462)
専門官:柳谷 牧子 (内線 6468)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ