報道発表資料

平成26年2月10日
自然環境
この記事を印刷

「自然公園法第22条第3項第2号の規定に基づき、環境大臣が指定する区域及びその区域ごとに 指定する動植物を定める件(山陰海岸国立公園)」(環境省告示)の意見募集について (お知らせ)

 自然公園法第22条第3項第2号の規定に基づき、山陰海岸国立公園において環境大臣が指定する区域及びその区域ごとに指定する動植物を定めるにあたり、意見を募集します。

1 概要

 平成26年1月27日の中央環境審議会において、山陰海岸国立公園の海域公園地区である五色浜・豊岡・竹野・浜坂第1号・浜坂第2号・浦富海岸の6箇所の区域を拡張するとともに、隣接する海域についても新規の海域公園地区として3箇所指定する旨の諮問を行い、即日答申を得たところです。
 このため、自然公園法第22条3項第2号の規定に基づき指定する区域及び区域ごとに指定する動植物(以下「採捕規制区域及び採補規制動植物」という。)について、海域景観の保全を図るため、五色浜・豊岡・竹野・浜坂第1号・浜坂第2号・浦富海岸の6箇所の既存の海域公園地区に設定している採捕規制区域を、拡張した海域公園区域へも広げるとともに、新たに設定する採捕規制区域内における採捕規制動植物を定めることから、意見を募集します。

2 意見提出手続

(1)問い合わせ先

環境省自然環境局 国立公園課
 東京都千代田区霞が関1−2−2/電話 03-5521-8279
近畿地方環境事務所 国立公園・保全整備課
大阪府大阪市中央区大手町1−7−31
大阪マーチャンダイズマート(OMM)ビル8階/電話 06-4792-0705

(2)意見募集対象

 山陰海岸国立公園海域公園地区指定動植物(案)
 (資料「山陰海岸国立公園海域公園地区における採捕規制区域(案)及び採捕規制動植物(案)」)

(3)資料の入手方法

 山陰海岸国立公園海域公園地区における採捕規制区域(案)及び採捕規制動植物(案)の概要及び山陰海岸国立公園海域公園地区における採捕規制区域(案)及び採捕規制動植物(案)は、環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/)に掲載するとともに、(1)の問い合わせ先で閲覧することができます。

(4)意見提出期間

 平成26年2月10日(月)から平成26年3月11日(火)までの30日間

(5)意見提出先

 環境省自然環境局国立公園課

(6)意見提出方法

郵送の場合: 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1−2−2
締め切り日当日消印まで有効
FAXの場合: 03-3595-1716
電子メールの場合: shizen-kouen@env.go.jp
意見の内容はメール本文に記載して送付してください。添付ファイルによる意見の提出は御遠慮ください。

<意見提出に関する共通注意事項>

件名に必ず、下記をご記入ください。
「山陰海岸国立公園海域公園地区指定動植物(案)への意見」
本文の様式は問いません。
意見提出者の住所、氏名(団体の場合は団体名)、電話番号・FAX番号・メールアドレス等を御記入ください。いただきました意見の内容は住所、氏名、電話番号・FAX番号・メールアドレスを除き、公開を前提としますので、あらかじめ御承知おきください。
なお、意見中に個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断された場合は、公表の際に該当箇所を伏せさせていただきます。
意見に付記された氏名、連絡先等の個人情報につきましては、適正に管理し、意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本案に対する意見公募に関する業務のみに利用させていただきます。
意見に住所、氏名の記載の無いものは無効とさせていただきます。
電話での意見は受けかねますので御了承ください。

3 提出された意見の取扱い

 提出された意見につきましては、その概要とそれに対する対応方針を取りまとめて公表します。

4 今後の主なスケジュール(予定)

平成26年3月
提出された意見を取りまとめた上、公表
平成26年3月
官報告示

<掲載資料>

1.
山陰海岸国立公園海域公園地区における採捕規制区域(案)及び採捕規制動植物(案)の概要
2.
山陰海岸国立公園海域公園地区における採捕規制区域(案)及び採捕規制動植物(案)
3.
山陰海岸国立公園海域公園地区および採捕規制区域(案)位置図
※掲載資料については、http://www.env.go.jp/press/index.php を参照。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
直通:03-5521-8279
代表:03-3581-3351
課長:鳥居 敏男 (6440)
補佐:長田 啓  (6650)
係長:若松 徹  (6690)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ