報道発表資料

平成26年1月7日
総合政策
この記事を印刷

富山新港火力発電所石炭1号機リプレース計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

 環境省は、1月7日、富山県射水市で実施予定の「富山新港火力発電所石炭1号機リプレース計画」(北陸電力株式会社)に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、運転開始から40年程度が経過した石炭火力発電所1基(25万kW)を、天然ガス火力発電設備1基(42.47万kW)に更新(リプレース)するものであり、本設備の設備利用率を高い水準にすることにより、本事業所から排出される環境負荷は低減することが見込まれる。
 これを踏まえて、環境大臣意見では、本設備の環境負荷が最も低い水準である間は、設備利用率を高めるよう努めること等を求めている。

1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力11.25万kw以上の火力発電所の設置又は変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された環境影響評価準備書(※)について、経済産業大臣からの照会に対して意見を経済産業大臣に言うことができるとされている。
 本件は、北陸電力株式会社の富山新港火力発電所石炭1号機リプレース計画に係る環境影響評価準備書について、この手続きに沿って意見を提出するものである。
 今後、事業者は、環境大臣及び関係自治体の長の意見を受けた経済産業大臣勧告を踏まえ、法に基づく環境影響評価書の作成等の手続が求められる。

環境影響評価準備書:環境影響評価の結果について環境の保全の見地からの意見を聴くための準備として、調査、予測及び評価、環境保全対策の検討を実施した結果等を示し、環境の保全に関する事業者自らの考え方を取りまとめた文書。

2.事業の概要

 本事業は、富山県射水市に設置されている富山新港火力発電所において、運転開始から40年程度が経過した石炭を燃料とする石炭1号機(25万kW)を、天然ガス火力発電設備1基(42.47万kW)を設置した後に、石炭1号機を廃止するものである。

 本発電所で用いられる発電技術は天然ガス火力発電として熱効率が良い発電設備の一つ(1,500℃級ガスコンバインド発電方式)であり、また、環境保全対策を講じることとしているので、施設更新に伴い、環境負荷は低減することが見込まれている。

3.環境大臣意見の概要

(1)
 本事業に伴い発生した大気、水環境及び廃棄物に関する環境保全措置について適切に講じ、公表に努めること。
(2)
 局長級取りまとめを踏まえ、環境影響評価手続開始時における本発電設備を選定した経緯について明らかにすること。
(3)
 国の温室効果ガス排出削減目標及び局長級とりまとめを踏まえ、電力業界全体の実効性のある取組が確保されるための枠組が構築されるまでの間は、「(a)事業者が、枠組が構築されれば遅滞なく参加し、当該枠組の下で計画的に二酸化炭素排出削減の取組を行うこと」を満たすこと。また、当該枠組が構築された後は、確実に二酸化炭素排出削減に取り組むこと。
(4)
 第四次環境基本計画(平成24年4月27日閣議決定)に位置付けられた「2050年までに温室効果ガス排出量80%削減」を目指すため、二酸化炭素分離回収設備の実用化に向けた技術開発を含め、今後の革新的な二酸化炭素排出削減対策についても継続的に検討を進めること。
(5)
 事業者における長期的な二酸化炭素排出削減措置について、スケジュール等を念頭に置き、所要の検討を行い、必要な措置を講じること。
(6)
 本事業により発電所全体の最大出力が大幅に増加することに鑑み、LNG1号機の環境負荷が事業者所有の発電施設のうち最も低い水準である間、LNG1号機の設備利用率を需給状況等を勘案しできる限り高い水準とするよう努めること。
(7)
 本事業による環境保全上の優位性に鑑み、本事業を着実に進め、できる限り早期の運転開始を目指すこと。

4.その他

 本件は、火力発電所を更新(リプレース)するものであることから、「火力発電所の環境影響評価について審査期間の短縮を発電所設置の際の環境アセスメントの迅速化等に関する連絡会議」(平成24年11月27日、環境省・経済産業省)に基づき、審査期間の短縮に取り組むこととした案件であり、従前270日程度必要であった審査期間を約130日程度短縮し、140日程度で審査を行う見込みである。

[参考]

事業概要
・名称
富山新港火力発電所石炭1号機リプレース計画
・事業者
北陸電力株式会社
・計画位置
富山県射水市堀江千石1番地(富山新港火力発電所構内)
・燃料
天然ガス
・発電方式
ガスタービン及び汽力(コンバインド発電方式)
・出力
42.47万kW(発電所全体:167.47万kW)
・CO2排出原単位
0.350kg-CO2/kWh(現状:0.860kg-CO2/kWh)
環境影響評価手続(環境影響評価法及び電気事業法に基づく手続)
【方法書の手続】
 
・縦覧
平成23年7月29日〜平成23年8月29日(住民意見2件)
・富山県知事意見提出
平成23年12月13日
・経済産業大臣勧告
平成24年1月23日
【準備書の手続】
 
・縦覧
平成25年9月11日〜平成25年10月10日(住民意見0件)
・富山県知事意見提出
平成25年12月27日
・環境大臣意見提出
平成26年1月7日

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8237)
室長   :瀬川 恵子 (内6231)
室長補佐 :長谷川敬洋 (内6233)
審査官  :柏谷 和久 (内6253)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ