報道発表資料

平成25年12月10日
地球環境
この記事を印刷

「エコプロダクツ2013」へのブース出展について(お知らせ)

 環境省は地球温暖化防止の啓発活動の一環として、「エコプロダクツ2013」(12月12日〜14日)において、「低炭素社会づくりの今、そして未来」をテーマとした環境省ブースを出展します。
 環境省ブースでは、9月に発表された「IPCC第5次評価報告書」第1作業部会の内容をもとに、地球温暖化の最新情報のポイントをパネルで紹介するとともに、日本が目指す「低炭素社会づくり」の社会像を、様々な技術・製品や取組、地域づくりの対策・施策等を通じて紹介します。
 また、「ウォームビズ」、「ウォームシェア」、「スマート・ムーブ」、「あかり未来計画」、「エコドライバープロジェクト」などの施策をブース内ミニステージイベントやパネル等で紹介し、国民一人ひとりが取り組める温暖化対策への参加を呼び掛けます。
 なお、12月12日(木)には会場内の「環境コミュニケーションステージ」において、ステージイベントを実施します。

1.「エコプロダクツ2013」の実施概要

【日時】
12月12日(木)〜14日(土)10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
【場所】
東京ビッグサイト[東1〜6ホール]
(東京都江東区有明3-11-1)
【主催】
一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
入場無料。詳細は、公式HP( http://eco-pro.com/eco2013/index.html)を御覧 ください。

2.環境省ブースの展開内容

(1)「IPCC第5次評価報告書」の第1作業部会のポイント紹介

9月に公表された、「IPCC第5次評価報告書」第1作業部会の内容をもとに、地球温暖化の最新情報(観測事実・地球温暖化の要因・将来予測)のポイントを紹介

(2) テーマ展示:「低炭素社会づくりの今、そして未来」

「低炭素社会の地域づくり」の社会像を、イメージビジュアルと様々な技術・製品や取組、地域づくりの対策・施策を通じて紹介
 <メインパネルのビジュアル>

(3) 地球温暖化防止国民運動の取組紹介

(国民一人ひとりが取り組める温暖化対策、ライフスタイル)

「ウォームビズ」

過剰な暖房を抑制し室温20度でも快適に過ごせるライフスタイル「ウォームビズ」を紹介。2013年度には更にもう一つ、楽しく、温かく、快適に過ごすためのアイデアをプラスする「ウォームビズ・プラス・ワン」というテーマを設定した。

「ウォームシェア」

それぞれが暖房を使うのではなく、みんなで一つの部屋や場所に集まって暖かさを共有することでエネルギー消費を削減するというライフスタイル「ウォームシェア」の紹介

「スマート・ムーブ」

CO2排出の少ない移動にチャレンジし、地球温暖化防止を促進する「スマート・ムーブ」の紹介

「あかり未来計画」

節電・温暖化対策のために、省エネ性能に優れた電球形蛍光ランプやLED照明等、高効率な照明製品への切替えを推進する「あかり未来計画」の紹介

「省エネ・照明デザインアワード」>

優れた省エネ効果を達成しながら魅力的な空間を創り出す施設等を表彰する「省エネ・照明デザインアワード」の紹介と、有識者による講演・パネルディスカッション「省エネ・照明デザインフォーラム2013」の参加告知

「エコドライバープロジェクト」

CO2排出量が少なく、燃費もよく、安全で、同乗者や周りから信頼される運転をする人を「エコドライバー」と呼び、これからのドライブマナーとして呼び掛けていく「エコドライバープロジェクト」のパネル紹介及び「エコドライブシミュレーター」の体験コーナーを設置

(4) 未来のライフスタイルを考えるコンテストの紹介

地球環境やエネルギーのことを踏まえながら、ワクワク、ドキドキする未来のライフスタイルを募集する「2030年の『心豊かなライフスタイル』コンテスト」の受賞作品を紹介。多数の応募から選ばれた、独創性と魅力にあふれた新時代の生活シーンを描いた11作品を展示

(5)カーボン・オフセットの紹介

自らの温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量の全部又は一部を他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)する、カーボン・オフセットの事例を紹介

カーボン・オフセットの出展:地球温暖化対策課市場メカニズム室/カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)/カーボン・オフセット推進ネットワーク(Co-Net)

(6) ブース内ミニステージイベント

ブース内にミニステージを設置し、3日間を通じて、気象キャスターによる地 球温暖化教室、地球温暖化防止国民運動の活動紹介、カーボン・オフセットに関する紹介、「2030年の『心豊かなライフスタイル』コンテスト」の紹介等、様々なプログラムを上演します。

3.「環境コミュニケーションステージ」実施概要

会場内の「環境コミュニケーションステージ」において、ステージイベントを実施します。

【日時】
12月12日(木) 16:30〜17:15
【場所】
東6ホール(6-903)
【内容】
IPCCが公表した最新の科学情報から見えてくる地球温暖化の最前線や、 今日本で、そして世界で起こっている温暖化の影響を気象キャスターが分かりやすく解説します。また、日本が目指す低炭素社会づくりに向けた様々な取組をライフスタイルの観点からトークセッションで紹介。私たち一人ひとりができるアクションを楽しく、わかりやすく伝えます。
【出演者】
・岩谷忠幸(気象キャスターネットワーク 副代表)
・天達武史(気象キャスター)
・馬場 清(環境省地球環境局 地球温暖化対策課国民生活対策室室長補佐)

4.取材について

ブース及びステージイベントの取材を希望される場合は、下記までお問い合わせください。
地球温暖化防止国民運動広報事務局(大柳・神(じん)・鳥塚)
TEL:03-3584-7269 FAX:03-3568-4025

(参考)
 カーボン・オフセット等に関する情報については、以下のホームページを御参照ください。

環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)
http://www.j-cof.go.jp/
J−クレジット制度
http://japancredit.go.jp/index.html
カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)
http://www.carbonoffset-network.jp/
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室(代表:03-3581-3351)
       (直通:03-5521-8341)
室長補佐 :馬場 清  (内:6725)
担当   :矢崎 孝治 (内:6793)
      塚田 敏彦 (内:6794)

ページ先頭へ