報道発表資料

平成25年10月10日
地球環境
この記事を印刷

地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る自治体職員向け研修会の開催について(お知らせ)

 環境省では、地域主導による再生可能エネルギー事業の企画立案・導入を促進するために、市町村(ただし、政令指定都市、中核市、特例市及びこれらが加入する特別地方公共団体を除く)の職員を対象とした研修会を全国7地域において実施します。

1.事業の目的

 再生可能エネルギーは、導入する地域・地点による適合性が大きく異なることから、事業化に当たっては、地域・地点の実情を十分考慮する必要があり、地域の様々な関係者との合意形成を図る上で地方公共団体の関わりは重要性を増しています。
 そのため、地域の様々な関係者の参画の下で再生可能エネルギー事業の企画立案を促進するために、市町村(ただし、政令指定都市、中核市、特例市及びこれらが加入する特別地方公共団体を除く)の職員を対象とした研修会を実施し、地域主導による再生可能エネルギーの導入促進のための人材育成を支援します。

2.開催日時・場所

 研修会は下記のとおり全国7か所で、いずれも2日間の日程で行います。

日時 場所 開催会場
11/7(木)
13:00−18:00
11/8(金)
9:30−16:00
東京 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(カンファレンスルーム6B)
http://tkpichigaya.net/access.shtml
東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル6F
11/14(木)
13:00−18:00
11/15(金)
9:30−16:00
札幌 TKPガーデンシティ札幌きょうさいサロン(竹)
http://kyosaisalon.net/access.shtml
北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル7F
11/19(火)
13:00−18:00
11/20(水)
9:30−16:00
仙台 TKP仙台カンファレンスセンター(カンファレンスルーム4A)
http://tkpsendai.net/access.shtml
宮城県仙台市青葉区花京院1丁目2-3
ソララガーデン・オフィス4F
11/28(木)
13:00−18:00
11/29(金)
9:30−16:00
名古屋 TKP名古屋栄カンファレンスセンター(カンファレンスルーム7C)
http://www.kashikaigishitsu.net/search-rooms/access?id=142
愛知県名古屋市中区栄3-2-3名古屋日興證券ビル 7F
12/2(月)
13:00−18:00
12/3(火)
9:30−16:00
福岡 TKPガーデンシティ博多アネックス(ウラナス)
http://gc-hakata-annex.net/access.shtml
福岡県福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前 2F
12/5(木)
13:00−18:00
12/6(金)
9:30−16:00
岡山 TKP岡山カンファレンスセンター(吉備)
http://gc-okayama.net/access.shtml
岡山県岡山市北区下石井1-3-12 アパホテル〈岡山駅東口〉 2F
12/12(木)
13:00−18:00
12/13(金)
9:30−16:00
大阪 TKP大阪梅田ビジネスセンター(カンファレンスルーム9A)
http://tkpumeda.net/access.shtml
大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル9F

3.研修会のプログラム(予定)

(第1日目)

時間 議題
13:00 開会
13:15〜 再生可能エネルギーの基礎(講義)
・地域主導型再生可能エネルギー事業の先進事例
・国や地方自治体における再生可能エネルギーの導入促進に関する政策
・ビジネスの視点から見た再生可能エネルギー事業
14:45〜 有識者による講演
・地域における再生可能エネルギー事業の意義と魅力
15:45〜 休憩
16:00〜 事業化検討協議会の取組(事例紹介)
・環境省委託事業「地域主導型再生可能エネルギー事業化検討委託業務」を受託した地域協議会の取組と克服すべき課題等について
17:00〜
18:00
ワークショップ(ワールドカフェ)
・地域主導型再生可能エネルギー事業の意義、期待と課題について
ワールドカフェは「カフェにいるときのような気軽な雰囲気」で話し合いをするためのワークショップ手法です。4〜6人に分かれてテーブルを囲み、組み合わせを替えながら対話を積み重ねていくうちに「全員と話している」ような効果が得られるよう設計されています。各参加者が対話の中で「気づき」を得ることが主な目的です。

(第2日目)

時間 議題
9:30〜 自治体による取組(事例紹介)
・地域主導型再生可能エネルギー事業への支援事例
10:30〜 自治体の役割と合意形成(講義)
・地域主導型再生可能エネルギー事業を推進するに当たっての自治体の役割と課題、合意形成及び場づくりの方法等
12:00〜 休憩
13:00〜 ワークショップ(OST)
・自治体の役割や抱える課題等について
 OSTは、課題についてのプロジェクトや討議テーマを参加者が自ら提案して仲間を募り、ミーティングを行う中で、プロジェクトを創出することのできるワークショップ手法です。参加者の自発性を喚起し、主体的な発案・対話や、ワークショップ終了後の行動を促します。
16:00 閉会

4.対象者及び定員

 対象者は、政令指定都市、中核市、特例市及びこれらが加入する特別地方公共団体以外の地方公共団体職員です。
 定員は30名程度です。

5.参加費

 無料

6.参加方法

 研修会への参加は事前登録制です。参加を希望される方は、以下の申込ウェブサイトに参加理由、習得したい知識・スキルを記載の上、御登録ください。
 なお、参加希望者が多数の場合、なるべく多くの市町村職員の方に参加していただくため、複数の参加を申し込まれた団体は1名に絞っていただくなど参加人数を調整させていただく場合がありますので、御了承ください。

7.受付期間

 各開催日の10日前までとします。

申込ウェブサイト
http://www.murc.jp/saiene/kensyukai/2013/apply.html
連絡先:受託者
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
(担当:織田(おだ)、岩垂(いわだれ)、桜井)
〒105-8501 東京都港区虎ノ門6-11-2 オランダヒルズ森タワー
TEL :03-6733-3486 / E-mail :saiene@murc.jp
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通    03-5521-8339
代表    03-3581-3351
課長    和田 篤也(内線6736)
調整官   神谷 洋一(内線6771)
課長補佐 河合 祐藏(内線6795)
担当    北條 裕明(内線6780)

ページ先頭へ