報道発表資料

平成25年10月7日
地球環境
この記事を印刷

気候変動の身近な影響と適応策を考える 〜IPCC 第38回総会in 横浜に向けて〜の開催について (お知らせ)

 気候変動に関するシンポジウム(気候変動の身近な影響と適応策を考える〜IPCC 第38 回総会in 横浜に向けて〜)を下記のとおり開催致します。

1.目的

 平成25年9月27日に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)より第5 次評価報告書第1 作業部会報告書(自然科学的根拠)が公表されました。また、平成26年3月には日本で初めて横浜でIPCC 第38 回総会が開催されます。第38回総会では、第5次評価報告書の第2作業部会(影響・適応・脆弱性)に関する報告書をとりまとめることとなっております。
 本シンポジウムでは、気候変動による影響と適応についての最新の知見をわかりやすく伝えることを目的とします。

2.概要

日時:
平成25年10月30日(水)13:00〜15:30(12:30開場)
場所:
はまぎんホール ヴィアマーレ
〒220-8611 横浜市西区みなとみらい3−1−1
http://www.yokohama-viamare.or.jp/viamare.html
主催:
環境省
共催:
横浜市

3.プログラム

挨拶
関 荘一郎 環境省地球環境局長
林 文子 横浜市長
基調講演(敬称略)
田崎 真也(ソムリエ)
モンチップ・スリラタナ・タブカノン
(タイ学術研究会議(NRCT)気候変動研究センターディレクター)
沖 大幹 (東京大学生産技術研究所 教授)
三村 信男 (茨城大学地球変動適応科学研究機関 機関長
広域水圏環境科学教育研究センター 教授)
パネルディスカッション(敬称略)
<コーディネーター>
三村 信男
<パネリスト>
モンチップ・スリラタナ・タブカノン
沖 大幹
清水 俊英 (株式会社サカタのタネ広報宣伝部部長)
脇田 朋弥 (フェリス女学院大学 エコキャンパス研究会)
浜野 四郎 (横浜市温暖化対策統括本部長)
本シンポジウムには、日・英同時通訳が入ります。

4.参加申込みについて

 参加費無料となっております。申込みフォームに必要事項を記載の上、シンポジウム運営事務局へFAXまたはEメールでお申込みください。
 なお、Eメールでのお申込みの際には、表題に「横浜シンポジウム参加申込みについて」と明記し、[1]氏名(ふりがな)、[2]所属、[3]住所、[4]電話番号、[5]メールアドレス又はFAX 番号を記載願います。
 申込締切は、平成25年10月23日(水)です。
 また、申込者多数の場合は、抽選とさせていただきます。なお、御参加いただけない場合につきましては、事務局より御連絡をさせていただきますので、予め御了承ください。

参加申込先:シンポジウム運営事務局(一般財団法人地球・人間環境フォーラム)
E-mail:climate@gef.or.jp
FAX:03-5825-9737
※御質問についてはお電話(TEL:03-5825-9735)でも受け付けます。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8247)
室長   :辻原 浩    (内:6730)
室長補佐:野本 卓也  (内:6731)
担当   :佐々木 俊弘 (内:6735)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ