報道発表資料

平成25年9月26日
自然環境
この記事を印刷

平成25年度エコツーリズムガイド育成研修の受講生募集について(お知らせ)

 公益社団法人日本環境教育フォーラムが、地域の自然観光資源(景観、野生生物、温泉等)、歴史や伝統文化等を解説し、自然や地域の魅力を伝えるガイドを育成する研修の受講生を募集します。
 この研修は、全国の自然学校等における約3か月間の実地研修(インターンシップ)を軸に、通信教育や専門家による巡回指導、基礎研修等を行います。

1.概要

 環境省では、地域にある自然資源を守りながら、地域の魅力向上による観光振興、地域活性化等を図るエコツーリズムを推進しています。
 近年、全国各地でその取組が見られるようになりましたが、多くの地域において、自然や地域の魅力を伝えるガイドが不足していることから、質の高いガイドの育成等を目的に本研修を実施するものです。
 本研修は、受託先である公益社団法人日本環境教育フォーラムがエコツーリズムガイド育成研修事務局(以下「事務局」という。)を運営し、実地研修は、事務局の仲介の下、受け入れ先の自然学校等と受講生の個別契約により実施されます。なお、本事業は資格制度ではありませんが研修修了後、環境省から修了証が発行されます。また、事務局が中心となって同分野における就業情報の提供を行ないます。

研修実施期間

○基礎研修(集合研修)
(東京)
期間:
平成25年11月25日(月)〜27日(水)
場所:
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)
(沖縄)
期間:
平成25年12月 7日(土)〜 9日(月)
場所:
調整中
○実地研修(インターンシップ)
(東京)
期間:
平成25年12月 1日(日)〜平成26年2月28日(金)
(沖縄)
期間:
平成25年12月10日(火)〜平成26年2月28日(金)
○修了報告会:
平成25年3月10日(月)〜20日(木)の間の1日
東京と沖縄で開催。

2.募集人員

 100名

3.費用

 講義等の研修カリキュラムに関するものは無料。ただし、研修期間中の生活費、交通費、保険料等の実費は受講生負担。

4.研修内容

・基礎研修:
基礎的な知識や技術を学ぶ研修。
・実地研修:
全国の自然学校等におけるインターンシップ研修。
 ※研修場所は事務局が示した場所から選択。
・通信研修:
与えられた課題に対する専門家による指導。
・巡回指導:
専門家による個別の指導・アドバイス等。

5.申込方法

 申込用紙(http://www.jeef.or.jp/ecoguide/から取得)に必要事項を記入の上、下記問い合わせ先へお申し込み(郵送又は直接持込に限ります。)ください。

○応募期間:
平成25年10月4日(金)〜平成25年11月5日(火)
郵送の場合は締切日必着。直接持込の場合は月曜日から金曜日(祝日を除く)までの10時から17時まで受け付けます。

6.問い合わせ先

エコツーリズムガイド育成研修事務局
〒160−0022東京都新宿区新宿5−10−15ツインズ新宿ビル4階
(公社)日本環境教育フォーラム 担当:小堀(こぼり)、京極(きょうごく)
URL:http://www.jeef.or.jp/ecoguide/
TEL:03−3350−6770(代表) E-Mail:ecoguide@jeef.or.jp

7.その他

 本事業は、エコツアーガイドや地域コーディネーター、自然学校のインストラクターなど本研修をいかした職に就業する意志のある方を対象としています。受講のみを目的とされる場合、また、カリキュラムの消化が難しい場合はお断りをしております。
 また、研修修了後行われる就業情報の提供については、就職を保証するものではありません。
 研修内容や応募方法の詳細については、問い合わせ先URL又は添付資料をご覧ください。また不明な点は事務局へお問い合わせください。

平成25年度エコツーリズムガイド育成研修の受講生募集については環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/press/index.php)をご覧ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8271
室長   中尾 文子  (内線6641)
専門官 小倉 茂    (内線6643)
担当   深津 加奈絵 (内線6646)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ