報道発表資料

平成25年9月17日
水・土壌
この記事を印刷

NGOによるカナダ及びアメリカにおける現地調査等(震災起因洋上漂流物関連)について(お知らせ)

 東日本大震災では、津波により多くの海上漂流物が発生し、その一部が北米西岸へ漂着しています。環境省では、民間団体(NGO)へ依頼し、震災漂流物の海岸への漂着状況等を現地において調査するとともに、現地のNGO等と連携し、海岸漂着物の回収を行うこととしています。今般、下記の日程により、今年度の活動が決定したので、お知らせします。

1.ミーティング

(1)
日時
平成25年9月25日(水)
(2)
場所
ブラックロック オーシャンフロントホテル(別添2参照)
(PO Box 310, 596 Marine Drive, Ucluelet, BC V0R 3A0)
(3)
議題
日加NGO等の活動状況について
海岸漂着物の状況について
(通常と比較した漂着物の質・量の変化等)
今後の日加NGOの取組について
(今後より効率的かつ迅速に取り組むための方策・改善策について)
(4)
参加者
日本側:
一般社団法人JEAN他NGO等(藤枝鹿児島大学教授、Kids Now JAPAN、パートナーシップオフィス、OWS)、環境省(オブザーバー)
カナダ側:
ユクルーレット(Uclelet)地区担当官、現地NGO関係者 等

2.現地調査等

(1)
日時
平成25年9月26日(木)及び29日(日)
(2)
場所
ユクルーレット(加)及びラプッシュ(米)(別添1及び2参照)
(3)
内容
現地で開催される国際海岸クリーンアップ(ICC)等に参加し、震災起因洋上漂流物の現状に係る調査を実施し、併せて海岸漂着物の回収を行うもの

3. その他

現地報道についてのお問い合わせ先
一般社団法人 JEAN
〒185-0021
東京都国分寺市南町3-4-12-202
TEL:042-322-0712
FAX:042-324-8252

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室
直通   :03-5521-9025
代表   :03-3581-3351
室長   :坂本 幸彦 (内線6630)
室長補佐:多田佐和子(内線6631)
担当   :野口淳一郎(内線6633)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ